Adderall payday loans

 「ウォルマート」今年のホリデー商戦は既存社員に残業で対応

毎年この時期になると、各小売業はホリデー商戦のための臨時の雇用を始めるが、ウォルマートは、今年は臨時の雇用をせず既存社員の就労時間を増やすと発表している。ウォルマートUSCOOであるジュディス・マッケンナは、「ホリデーは、顧客や我々の社員にとって特別な時期で、最も忙しい時期でもあります。顧客がお金と時間を節約出来るように、臨時の雇用をしないで社員の就労時間を増やします。彼らは、レジや在庫補充、テクノロジー導入で増えたパーソナル・ショッパーやピックアップ要員となります。これは昨年もやった事で、顧客や社員から良いフィードバックを得ました。我々の社員は仕事に熱意を持っていますし、「パスウェイ」や「アカデミー」の研修プログラムを終えた社員も数千人います。彼らは、顧客に対して効果的に奉仕でき、特に忙しい時期には彼らの能力を発揮出来るのです。ホリデー・シーズンには恒例となったホリデーのヘルパーを店内に配置し、顧客の買い物を助けてチェックアウトも早めます。社員のヘルプによってホリデーを素晴らしいものとするのです。顧客にとってアフォーダブルで想い出となるクリスマスを贈るための彼らの準備はできています。」と述べている。

臨時の雇用で顧客経験のレベルを下げるより、残業を支払って社員に喜ばれ、顧客の買物経験が良くなれば一石二鳥なのだろう。ウォルマートの社員のレベルは確実に上がってきている様である。

カテゴリー: ディスカウント・ストア, 流通業 — 若林 哲史 9:23 PM

「アルディ」コンタクトレス・ペイメントの受付を開始

リミテッド・アソートメント・チェーンのアルディは、同社の1700ヶ所の店舗で、アップル・ペイとアンドロイド・ペイや銀行のカードなどでコンタクトレスで処理出来る支払い方法の取り扱いを始めると発表した。顧客の便利さと早いチェックアウトによって、より良い買物経験を提供すると同社CEOのジェーソン・ハートは説明している。これらの支払いは、コンタクト・レスで行えるため、クレジット・カードや現金などより早く安全な精算が可能となり、保安の面でも優れている。

クレジット・カードの扱いと同じようにコンタクトレス・ペイメントも手数料がかかるため、ディープ・ディスカウント・チェーンにとっては経費の増加となるが、便利さを求めるアメリカの消費者に対応しているのだろう。先日アルディへ寄ったら、品揃えもかなり調整されており、以前より客数も増えていた。アメリカの顧客の理解が進んでいると思われる。また、リドルのアメリカ進出も影響しているのかもしれない。

カテゴリー: リミテッド・アソートメント・ストア, 流通業 — 若林 哲史 10:32 PM

「ターゲット」アプリで商品の陳列場所と行き方を表示

ターゲットはデジタル・テクノジー投資を拡大しているが、その結果の一つとして店内の商品陳列場所と行き方を表示する機能をアプリに加える。これは顧客のスマートフォンの GPSを使うことで、店内の地図での位置を示し、商品棚への誘導をする「ビーコン・アンド・ブルートゥース・テクノロジー」と呼ばれるものである。ショッピング・カートにつけられたGPSの様なもので、探している商品棚への案内、近くにある販促の案内などを提供する。ターゲットは、今年のホリデー・シーズンまでには約半分の店舗に導入する計画である。これまで一つだけの商品を探すのに時間がかかった問題が解決されると同社のチーフ・デジタル・オフィサーであるマイク・マクナマラは説明する。現在のアプリでも、商品が在庫にあるかどうかは確認できるが、それを一歩す進めるものとなる。顧客がアプリで買物リストを作成すると、買物のルートを表示して買物の時間を節約することも出来る。ターゲットは、テクノロジーだけでなく、店舗のレイアウトをシンプルに分かりやすくすることで、買物経験を改善しようともしている。例えばグラブ&ゴーの商品と飲料を入口近くに陳列、オンライン注文のピックアップ専用の駐車スペースをやはり入口近くに設けるなどである。オンラインでも来店でも、シンプルで簡単な買物を目指しているのである。モトリー・フール

カテゴリー: ディスカウント・ストア, 流通業 — 若林 哲史 10:17 PM

「アルバートソンズ」ミール・キット・サービスの「プレーテド」を買収

スーパーマーケット大手のアルバートソンズは、ミール・キットのサービスを提供しているプレーテドを買収すると発表した。2300店舗チェーンのアルバートソンズは、買収の詳細は発表していないが、過去数ヶ月交渉を行っていたそうである。同社CEOのボブ・ミラーは、「この買収は顧客の買物選択肢を満たすためのアルバートソンズの取組例です。」とコメントしている。買収によって、プレーテドのテクノロジーとデータを得られ、ミール・キットのインフラ構築が容易になる。また、スーパーマーケットの傘下になることで、プレーテドはマーケティングの経費の節減ができる。アルバートソンズは、プレーテドのミール・キットを店舗でも販売し、将来的に配達も行う計画である。この合併によって、最近株式を上場したミール・キット・サービス大手のブルー・エプロンとの差別化が出来、同市場の拡大が期待されている。アマゾンもミール・キットをテストしており、今年7月には「We do the prep. You be the chef:私たちが用意しますからあなたはシェフになってください」というトレード・マークを登録している。アマゾンは、プライム会員がいる3100万世帯を顧客に持っており、うち半分はグロサリーをオンラインで購入している。現在400ヶ所以上のホール・フーズ・マーケットの店舗も傘下に持っており、ミール・キットのビジネスへの本格的な参入が予測される。CNBC

この分野も急速に競争状況が激しくなってきている。

カテゴリー: オンライン・リーテイラー, スーパーマーケット, 流通業 — 若林 哲史 7:15 PM

今年のハロウィーンの消費総額は91億ドル

全米小売業協会(nrfがプロスパー・インサイツ&アナリティックスに依頼し、95日から13日の間に7013人の消費者を対象に行なった今年のハロウィーンの消費動向調査では、消費総額が91億ドルとなり、過去11年で記録だった昨年の84億ドルを8.3%上回る。消費者は平均$86.13を消費する予定で、これは昨年の$82.93から3.9%の増加となる。全体で17900万人がこの日を祝い、31日に仮装するために使われる費用は34億ドルでハロウィーン・ショッパーの69%が購入する。95%のショッパーはキャンディーを購入して総額27億ドル、72%のショッパーはデコレーションに27億ドル、37%のショッパーはグリーティング・カードに41000万ドルを費やす予定である。ハロウィーンの祝い方としては、71%が子供達にキャンディーを渡す、49%は家や庭を飾る、48%は仮装し、46%はカボチャで「ジャック・オー・ランタン」を造り、35%はパーティーを開き、31%は子供達は「トリック・オア・トリート」に連れて行き、23%はお化け屋敷を訪れ、16%はペットを仮装させる計画である。仮装のアイデアは、35%の人達がオンライン、30%が店舗、20%が家族や友人、18%がフェースブックやピンタリスト、17%がポップ・カルチャー(若者用のメディア宣伝など)、14%が印刷物メディアで得る。購入先では47.1%のショッパーがディスカウント・ストア、37.5%はハロウィーン・ストア/コスチューム・ストア、25.4%がグローサリー・ストア、24.4%が百貨店、22.3%がオンラインで購入する予定だと答えている。

ホリデー商戦にかけて、幸先の良い売上になるよう期待したい。

2017 年 9 月
« 8 月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930