4月 6, 2012 スポーティング・グッズ デパートメント・ストア 流通業 経済 0

1月末に大改革を発表したJCペニーは、その生産性向上の為、本社のスタッフ全体4,400人の14%にあたる600人を解雇した。少ない人員で、起業されたばかりのような組織を作り、職務に関する責任を明確にする。同社は、2013年の終わりまでに9億ドルの経費節減を行う計画で、うち2億ドルは本社経費、4億ドルが店舗経費、3億ドルが広告宣伝費となる。WSJ

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

スポーツ用品・チェーン大手のディックス・スポーティング・グッズは、キャ ロウェイ社から、ゴルフ用品のブランドであるトップフライトに関する知的権利を買収すると発表した。買収額など詳細は発表されていないが、知名度の高いブランドを得る事で、ディックスのゴルフ用品販売に寄与すると予測される。また、同日英国で185店舗以上のスポーツ用品店を展開するJJBスポーツに対して、2,000万ポンドの投資を行うと発表している。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

労働統計局の発表によると、3月の就労者数は12万人増加し、失業率は8.2%と2月の8.3%よりやや改善した。農業従事者以外の失業者総数は1,270万人となった。27週間以上失業している長期失業者の数はあまり変わらず530万人で、失業者総数の42.5%を占めている。また、過去4週間就職活動をしていない、就労可能な人達の数は1年前とほぼ変わらず240万人となっており、そのうち86.5万人は就労を諦めている人達で1年前とあまり変わらない。主な雇用数の前月からの増減は、建設が−7,000,製造業が+37,000、卸し業が+4,100,小売業が−33,800、運輸倉庫が+2,800,情報産業が-9,000、金融が+15,000,専門職が+31,000、教育保健業界が+37,000、レジャー産業が+39,000、その他サービスが+3,000,公務員数が−1,000となっている。