3月 21, 2012 ディスカウント・ストア ドラッグ・ストア ヘルス&ビューティー 流通業 0

ウォルマートは、2008年にカリフォルニア州で命令を受けた売価の過剰請求の修正が行われていないとして、カリフォルニア州から210万ドルの罰金を言い渡された。同社広報担当のスティーブ・レスティボ氏は、「私達は、100%正しい売価をめざしており、その目標に達するよう努力しています。カリフォルニアのファミリーは、ウォルマートが使命としている、「お金を節約し、生活を良くします」を信頼してださい」と述べている。同社の売価確認調査は、顧客の苦情によって2005年から始まり、カリフォルニア州のそれぞれの群の重量計測局が調べた結果、30群で164件の間違いが見つかった。その結果2008年に、売価を過剰請求した顧客に3ドルの割引券配布と、その内容などのレジへの掲載が命令された。しかし、その後も過剰請求は続いており、宣伝された売価より高い額がレジで請求されていた為、今回の罰金と、3ドルの割引券配布の2013年までの延長が命令された。U−Tサンディエゴ

棚の売価とレジでの請求額の違いは、ほとんどの場合、棚の売価が変更されていない事が原因である。特に売価の変更が多い場合は起こりやすく、細かく調べれば、どの小売チェーンでもだいたい出てくるものである。しかし、それで良いわけではなく、店舗数と売上が大きいウォルマートは、出来るだけの努力をするべきだろう。すこし狙い撃ちされた感じでもあるが・・・

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ドラッグ・ストア・チェーンの大手のCVSが展開している、化粧品の専門店チェーンであるビューティー360が閉鎖される。2008年11月に1号店が開店され現在25カ所展開されている店舗は、5月19日をもって閉店されると、同店の社員宛に解雇通知が送られた。同社の広報担当ディレクターのエリン・ペンサ氏は、「中心となるCVS薬局のビューティー・ビジネスを成長させ、より多くの顧客に満足してもらう為に(閉鎖を)決断しました」とコメントしている。サンタクルーズ・センチネル

ビューティー360は、CVSの元CEOだったトーマス・ライアン氏の妻キャシー氏のアイデアで、ライアン氏のペット・プロジェクトとして始められたと云われている。どの店に行っても暇な事が多く、業績も良くなかったのだろう。現CEOであるラリー・メルロ氏に替わり、業績を落としていたPBMのケアマーク部門も上向きになっており、不採算部門であるビューティー360の閉鎖も決定されたのだと思われる。