3月 14, 2012 Uncategorized 経済 0

国勢調査局は、20122月の小売売上高の推定額を発表した。休日と季節調整済みの売上は4,078億ドルとなり、前月より1.1%増加した。前年度対比では6.5%の増加となる。12月から2月の3ヶ月では+6.4%となる。12月から1月の変化は、+0.4%から+0.6%に調整された。車と用品を除くと+0.9%、フード・サービスを除く小売だけだと+1.1%となる。販売チャネル別は、車と用品は+1.6%(-1.6%)、家具と家庭雑貨は−1.2%(+2.4%)、家電・電器製品が+1.0%(−0.2%)、建築資材+1.4%(+1.4%)、食品と飲料が+0.3%(+1.1%)、健康美容商品が+0.1%(-0.1%)、ガソリン販売が+3.3%(+1.9%)、衣料とアクセサリーが+1.8%(+0.7%)、スポーツ用品・趣味・書籍・音楽が+1.0%(+2.2%)、ジェネラル・マーチャンダイズ・チェーンが-0.1%(+0.8%)、その他の雑貨チェーンが+0.3%(+4.3%)、無店舗販売が+1.0%(−0.1%)、フード・サービスが+0.8%(+1.4%)となる。(括弧内は1月の改定値)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

今朝からラップトップの調子が悪く、しかも出張に出なければなりません。もし簡単に治らなければ45日投稿を休ませて頂くかもしれませんので御了承ください。