2月 20, 2012 デパートメント・ストア 流通業 0

ラグジュアリー百貨店チェーンのノードストロムは128日で終わった第4四半期の業績を発表した。クレジット・カードを含む総収入は12.0%増加して32.7億ドル、純利益は1.7%増加して23,600万ドル、既存店売上は7.1%増加した。フルライン百貨店、直販の既存店売上は8.4%増加しており、商品カテゴリーでは、ハンドバッグ、デザイナー、化粧品が特に良かった。直販は前年度対比で35%増加している。ラック店の売上は全体で17.7%増加、既存店売上では2.2%の増加だった。通年では、総収入が12.1%増加して108.8億ドル、純利益は11.4%増加して68,300万ドル(1株当たり$3.14)だった。既存店売上は7.2%の増加だった。2012年度の設備投資は、48,000万ドルから52,000万ドルとなる予定で、2011年度の43,000万ドルから増加しており、これは主に電子コマース関係への投資となる。既に発表されている予定では、ユタ州、ソルトレーク・シティーにフルラインの百貨店、ラック店を、カリフォルニア、ワシントン、アイダホ、ジョージア、コネチカット、ペンシルバニア、ニューヨーク、アリゾナ、ミズーリ、ロード・アイランド、バージニアの諸州で14カ所新開店される。2012年は、既存店売上で4%から6%の増加、1株当たりの利益で$3.30から$3.45を予測している。同社は現在、全米30州で117カ所のフルラインの百貨店、104カ所のラック店、2カ所ジェフリー・ブティック、1カ所のトレジャー&ボンド店、1カ所のクリアランス店を展開、また、オンライン販売、カタログ販売、そしてプライベート・セールのサイトであるオートルックも運営している。