12月 24, 2011 ディスカウント・ストア 流通業 0

今日でクリスマス用の買物は終わりとなるが、ターゲットはアフター・クリスマスの販促を始めている。26日から最大50%引きのセールが始められる、女性と子供のアパレル、ホーム雑貨、ホリデーの飾りなどが店舗とオンラインで、26日の月曜朝7時から販売される。今年も人気の高かったターゲットのギフト・カードを利用する最高のチャンスですと同社のマーチャンダイジング本部長のキャシー・テシジャ氏は述べている。26日は例年、ギフト・カードが一番良く使われる日でもあり、人気商品がバーゲンされる時でもある。販促商品の宣伝は同社のサイトで25日から発表され、25日にオンラインでギフト・カードを使って50ドル以上買物をした顧客には、10ドルが割引される。ビジネスワイア

26日はクリスマスのギフトで貰った商品の返品や取り替えが最も多い日として知られており、店舗はそれらの顧客でごった返す。計画性の高い消費者は、行われるバーゲンを利用して翌年のホリデーの買物をしたりもする。今年はクリスマス商戦の最終日である24日が、ほぼ全米で天候に恵まれており、各地買物客で賑わったそうである。予測を上回る売上になっていると報じられている。