12月 23, 2011 オンライン・リーテイラー 家電・電子機器チェーン 流通業 経済 0

クリスマスまであとわずかとなり、最後の買物をする消費者も多いが、家電販売大手のベスト・バイは、オンラインでの注文の一部を取消し、問題になっている。同社の広報担当のリサ・ホークス氏は「人気商品の予測以上の需要に圧倒され、注文を取り消さなければなりませんでした」と電子メールで述べている。取り消された注文は、感謝祭後の週末分で、同社がアマゾンやウォルマートとの価格競争を積極化させた後だった。取消された注文数は全体の1%以下だが、ベスト・バイのオンライン販売の評判を落とし将来に影響を与える事は間違いなく、既に同社のオンライン・フォーラムなどに不満が集まっている。同社のオンライン販売の問題はこれで2度目となる。最初は、ブラック・フライデー前に、年間2,500ドル以上使った顧客に、スペシャルのセールを行ったが、アクセスや販売で問題が起こった。WSJ

こういった問題はよく起こる事で、ターゲットも自社のシステムでオンライン販売を立ち上げた後、ミッソーニのセールで予測以上のウェブ・トラッフィクでサイトがダウンしてしまった。一度の失敗でどうにかなる訳ではないが、アマゾンはこれまで、ほとんどこういった問題を起こしておらず、同社のスケーラブルなシステム構築を証明する結果となっている。筆者は、今年もいくつかの商品をアマゾンで購入したが、全て予定日より早く到着している。アマゾンは顧客の期待を上回るサービスというものを良く知っているようである。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

経済分析局の発表によると、11月の個人所得は0.1%増加、可処分所得は0.1以下の増加、個人支出は0.1%の増加となった。10月は個人所得が0.4%増加、可処分所得は0.2%の増加、個人消費は0.1%の増加にそれぞれ改訂された。また、アメリカの2011 年第3四半期の国内総生産(GDP)は改定値で下方修正され、第2四半期から年率1.8%増加(第1、第2推定値はそれぞれ+2.5%、+2.0%)となった。GDP増加の主な要因は、住宅以外の設備投資、個人消費、輸出、連邦政府の支出で、相殺要因は、民間の在庫投資、地方の政府支出減少、輸出の増加だった。