11月 30, 2011 ディスカウント・ストア 流通業 0

感謝祭の週末、サイバー・マンデーが終わったばかりだが、小売業各社は12月にもさらに販促を続けるようである。ディスカウント・ストア・チェーンのターゲットは、人気玩具の50%までの割引を始める。「オールモスト・ラスト・ミニッツ:もうすぐ最後(買い物出来るのは)」と呼ばれる新キャンペーンで、クリスマスの買い物が終わっていない消費者をターゲットしている。玩具だけではなく、家電、アパレル、ホーム雑貨も入っており、12月の8日から10日にセールが行われる。ターゲットの玩具のマーチャンダイジング本部長であるステファニー・ルーシー氏によると、11月と12月の玩具の売上は全体の35%から40%を占めておりターゲットにとっても大変重要である。既に1130日からスペシャル・セールを始めており、毎日1アイテムの玩具が30%〜50%引きされ1224日まで続けられる。1130日のスペシャルは、スター・ワーズ・ミレニアム・ファルコンで、通常の$38.39から$24.99に値下げされた。124日から10日まで別の、1アイテムを購入すると次のアイテムが50%引きされる(BOGO)セールを、マテル社のバービー、フィッシャー・プライスのリトル・ピープル、ウォルトディズニーのプリンセスとカーズ2などの商品、ハスブロ社のナーフ、トーマス&フレンズ、レゴ・シティーなどの人気商品で行う。ロイター