11月 17, 2011 リミテッド・アソートメント・ストア 流通業 経済 0

全米小売業協会(NRF)が、ビッグリサーチ社に委託して行った調査結果

は、今年の感謝祭の翌日となるブラック・フライデーから始まる週末には、15,200万人の人が買い物に出かけるそうで、昨年の13,800万人よりも多く、子供や老人を含む人口の約半分が出かける事になる。必ず買い物をすると答えた人達は、2010年の27%から33%に増加し7,400万人で、残りの7,700万人は、バーゲンされる商品と価格によって出かけると答えている。「どのように小売のホリデー商戦の広告や販促を把握するか」との別の質問に対しては、50.5%がホリデー期間の広告やチラシに目を通し、31.7%がテレビなどのコマーシャルを観る、23.1%がウェブサイトなどで割引クーポンを探す、32.3%が小売から送られてくる電子メールのクーポンに注意すると、答えている。ソーシャル・ネットワークも重要な情報源となっており、17.3%の人達は小売のフェースブックのページに注意し、11.3%はグループ購入のグルーポンやリビングソーシャルのディールをチェックすると答えている。タブレット機器を持っており、それを使って買い物やホリデーの買い物情報を検索すると答えた人達のなかでは、21.3%がグループ・バイイングを探し、31.2%が小売のフェースブックのページをチェックすると答えている。一方小売業もソーシャル・メディアやインターネットを利用した販促を重要視しており、84.2%の小売業はブラック・フライデーのバーゲンについて顧客に電子メールを送り(昨年は80.0%)、73.7%はフェースブックのページで顧客にバーゲンを伝え(昨年は57.1%)、50.0%はウェブサイト、57.9%はツイッターを使ってブラック・フライデーのディールを発表すると答えている。また、店舗だけではなくオンライン販売でのディールも増加している。サイバーマンデー・ドット・コムでは、20社以上の小売業がブラック・フライデーのオンライン・ディールを提供しており、時間別にそれぞれの小売のバーゲンが発表される。また、同じサイトで、サイバー・マンデーのディールも、1127日の日曜日に発表される。

この調査は111日から8日の間で、8,502人の消費者を対象に行われた結果である。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

連邦労働統計局は、10月の物価指数が季節調整済みで0.1%低下したと発表した。昨年度と比較する季節調整前でと3.5%の増加となる。主な低下要因はエネルギー費用の値下がりで、食品や他のアイテムの多少の値上がりを相殺した。食品とエネルギーを除いた物価指数は0.1%の上昇で、過去3ヶ月変わらず、今年一番低い率だった。主な物価指数は次の通り:

食品(家庭内):0.1%、外食:0.2%、ガソリン:−3.1%、燃料オイル:−0.5%、電力:0.4%、ガス:−3.0%、新車:−0.3%、中古車:-0.6%、アパレル:0.4%、医療品:0.3%、住居:0.2%、運輸:0.1%、医療サービス:0.5