11月 2, 2011 オフ・プライス・ストア ディスカウント・ストア 流通業 0

ホリデー商戦のスーパー・サタデーはクリスマスの前の土曜日の最後の書き入れ時をさすが、ウォルマートは、115日の土曜日を家電と玩具のスーパー・サタデーの販促イベントを行うと発表した。午前11時から始められるセールは、全米の店舗で行われ、三洋の42インチのLCDテレビを$398(通常$448)、ヌーク・カラー、XBOXなどお値打ち商品を揃えている。玩具でも人貴の高い商品を低価格で売る他、カップケーキや風船を用意して子供に対するイベントを企画している。また、ブラック・フライデーの特別商品を同社のサイトやフェースブックのウォルマートのページで今晩から事前発表する。

小売業各社は、ホリデー商戦での成功を期して、今年は例年より早く販促行動を開始しているようである。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

オフ・プライスのチェーンであるシムスとその傘下のチェーンであるファリーンズ・ベースメントが倒産申請を行った。ファイリーン・ベースメント自体は3度目の倒産申請となる。デラウェア州、ウィルミントンの倒産法廷に出された、連邦倒産法第11章の申請書によると、資産は9,770万ドルの不動産を含み23,600万ドル、負債は9,400万ドルとなっている。同社のCEOであるマーシー・シムスによると、過去数ヶ月間、色々な選択肢を検討した結果、会社を清算するのが、株主にとって一番有益だとの結論に達したと述べている。競争の激化と不安定な経済状態を理由としてあげている。シムズは、20096月に倒産申請中だったファイリーン・ベースメントを6,300ドルで買収し、現在25カ所のシムズと21カ所のファイリーン・ベーストメントを運営している。ブラック・フライデー前には閉店セールを始め、2012年の1月までに清算を終える予定である。ファイリーン・ベースメントは、1909年にエドワード・ファイリーン氏が、ボストンにあった家族経営のファイリーン百貨店の地下で、バーゲンセール店を始め、オフプライス・チェンとしては老舗の店のひとつである。