10月 31, 2011 ダラー・ストア.チェーン 流通業 0

ダラー・チェーン大手のダラー・ジェネラルの、新コンセプトであるダラー・ジェネラル・マーケットがラスベガスにもお目見えする。このフォーマットは通常店舗の倍である2万平方フィートの広さを持ち、青果、乳製品、食肉などの生鮮食品が、通常のダラー・ジェネラルの品揃えである、清掃用品、ホーム雑貨、アパレル、グローサリーなどに加えられている。社員数も倍となる40人ほどで運営される。ロゴも黄色のダラー・ジェネラルは小さくなり、緑色のマーケットの名前が強調されている。今年の8月の時点で16カ所実験開店されており、今年度後半に12カ所の改装と10カ所の新開店が発表されていた。ラスベガス地区の開店は5カ所となるようで、既に3カ所は開店しており、残りの2カ所も含め115日に正式開店となる。開店当日の最初の100人の顧客には10ドルのギフト・カードも配られるようである。ダラー・ジェネラル・マーケット

5591 W Cheyenne, Las Vegas, Nevada 開店

1815 E Flamingo, Las Vegas, Nevada 開店

5675 S Rainbow, Las Vegas, Nevada 開店

2905 S Maryland Parkway, Las Vegas, Nevada 115日開店

8610 Spring Mountain, Las Vegas, Nevada 115日開店

9月末にラスベガスに行った折り、既に一部の店は開店していたのを見かけたが、残念ながらまだ入った事がない。外見だけだが、落ち着いた雰囲気の店舗で、通常のダラー・ストアよりアップスケールな感じがした。ウォルマートが過去2年ほど既存店売上を落とした時、同社の中心顧客が一番流れたのがダラー・チェーンだった。今年に入ってEDLPを徹底し、削られた品揃えも再在庫し、すこしずつ持ち直して来ているようだが、ダラー・チェーンも品揃えを広げて小型のスーパーセンターを目指しているのは面白い傾向だ。ラスベガスにはウォルマートのネイバーフッド・マーケットやフレッシュ&イージーも有り、失業率が全米で一番高い市場への、ダラー・ストアの新しいフォーマットの進出は興味深いものがある。