8月 24, 2011 オンライン・リーテイラー ディスカウント・ストア 流通業 0

ディスカウント・ストア・チェーンのターゲットは、同社の電子コマース・サイトのデザインを換え、独自で運営するサイトを立ち上げた。これまで同社の電子コマース・サイトは、アマゾンによって運営されていた。新しいサイトは、シンプルで使い勝手の良さそうなレイアウトとなっている。特徴としては、利用者によってパーソナライズされた推奨商品、結婚式や出産など贈答用のレジストリー、コミュニティーのイベント、ソーシャル・ネットワーキング・サイトとの統合などが用意されている。また、検索機能も強化され、速く的確な商品情報などを提供し、安全なチェックアウトが出来る。今後も改善を加えながら顧客にサービスしていく。ターゲット・プレスルーム

アマゾンは重要な顧客の1社を失う事となり、 配送費用負担が増える事になる。同社は、数多くの他社の電子コマースサイトの運営をしており、フルフィルメント・サービスである商品の保管から発送まで手掛けている。商品販売は手数料収入だが、フルフィルメントは利益源となっており、同社の配送経費を観ると、他社からの受け取り分が相当な割合となっている。その分自社の無料配送などにかかる経費を抑える事が出来る為、アマゾンの価格競争力ともなっている。トイザらスによる訴訟で、同社のビジネスを2006年に失い、これでターゲットのビジネスを失う事になる。主要な州でのオンライン販売会社に対する徴税義務を課すところも増えてきており、アマゾンにとっては新たな傷手となる。同様な法律が最近可決されたカリフォルニア州では、州民の課税に対する反対署名を集める為に、何百万ドルも使っていると云われている。