7月 31, 2011 コンビニエンス・ストア スーパーマーケット 流通業 0

フレッシュ&イージーが開発中だと云われている、4,000から5,000平方フィートの小型店が、南カリフォルニアのサンペドロに開店すると、フレッシュ&イージー・バズというサイトがリポートしている。場所は、サンペドロの6番街とギャフィー通りの角(Sixth & Gaffey Streets)だそうである。店舗の広さは4,000平方フィートで通常の店舗の半分以下となる。この小型店は、エクスプレス店と呼ばれる予定で、通常のフレッシュ&イージーを小型化し、英国のコンビニエンス・ストアであるテスコ・エクスプレスも参考にされている。既に店舗用に、ビールとワインのライセンスを、州のABC局に申請中であり、もし問題が生じなければ、11月半ばには開店予定だそうである。

最近食品の小型店の開発が多いが、それだけ全体のパイが大きくなっておらず、これまでダラー・チェーンやコンビニエンス・ストアのニッチ・マーケットだったところを、ディスカウント・チェーンやドラッグ・ストア・チェーンが参入していると云うことなのか、ますます競争が激しくなってきている感じである。