7月 30, 2011 スーパーセンター 流通業 0

ミシガン州、グランドラピッズに本拠を持つスーパーセンター・チェーンのマイヤーは、地場のグローサリーを充実させた新しいフォーマットであるマーケットプレースをシカゴ地域のメルローズ・パークで開店する。96,000平方フィートの広さを持つ店舗は、通常のマイヤーのスーパーセンターの一番大きな店舗に比べると約半分の広さである。品揃えは出来るだけ削減せず、顧客のニーズに答えるミニ・スーパーセンターとなる。食品では、通常の品揃えに加えて、ヒスパニックやイタリアの食品素材品揃えされ、多民族な地域のニーズを満たす。グローサリーと調剤薬局以外では、家電、玩具、スポーツ用品、ペット用品、季節商品などを品揃えする。売場のレイアウトは、顧客の声を反映し調整される予定である。同社は、シカゴ地域のボーリングブルックに1999年に初めて店舗を出店後、現在13店舗を展開している。会社全体では、ミシガン、オハイオ、インディアナ、イリノイ、ケンタッキーの諸州に196店舗を展開する企業である。PRニュースワイア