7月 29, 2011 ディスカウント・ストア 流通業 経済 0

ニューヨーク市の住民を対象に行ったクイニピアック大学の調査では、63%対32%で、ウォルマートの同地域への進出を市当局が認めるべきだと答えている。3月の調査では57%対36%だった。労働組合はウォルマートの進出に反対しているが、組合員の世帯の調査でも62%対36%と好意的な意見が強い。もしウォルマートが開店した場合、買い物をするかどうかの質問に対しては、69%対27%で買い物をすると答えており、これは前回の調査結果とほぼ同じだった。また、72%の人達は、ウォルマートの低価格がニューヨーク市民に恩恵を与えるが、70%の人達は、ウォルマートの価格が地域の中小の商店に悪影響を与えると答えている。ウォルマートは社員に充分な給与を与えていないと感じている人達は51%だった。14の人達はニューヨーク近郊にあるウォルマートで買い物をしている。同社は、店舗開店を目指すブルックリン区の東ニューヨーク地域の非営利団体に対する寄付を増加させている。反対者達も同社と地域のリーダー達との会議に対する抗議運動などを強化しており、まだすぐには許可はおりない模様である。クレインズ・ニューヨーク

ーーーーーーーーーー

経済分析局の発表によるとアメリカの2011 年第2四半期の実質国内総生産(GDP)は推定値で、第1四半期から年率1.3%増加した。第1四半期は+1.9%から+0.4%の増加に改訂された。GDP増加の主な要因は、輸出、住宅以外の設備投資、連邦政府の支出で、相殺要因は、地方の政府支出減少、輸出の増加だった。個人消費の伸びは。第1四半期の+2.1%から+01%に鈍化している。第2四半期の終わりで、GDP15兆ドル余りと名目では3.7%の増加だが、インフレの影響が大きかった。景気は低迷しているが、GDPの減少が2期続けて起こっていないため、景気後退には至っていない。