7月 25, 2011 スーパーマーケット 流通業 0

ニューヨーク近郊に住む人達には有名な、ステュー・レオナードは、ロイヤルな顧客が多いところだが、店舗のひとつで仮の結婚式を挙げたカップルがいる。マークとロザーンの二人で、週末などに良く行くコネチカット州、ノーウォークのお気に入りの店舗で、婚約の記念写真を撮りたいしたいと申し込んだところ、ステュー・レオナードは仮の結婚式を717日に催してくれた。同店で有名なルールを刻んだ礎石の上には、「私はステューで(結婚)しました」というサインが掲げられ、同店のマスコットであるクローバー・ザ・カウ(牛のクローバー:元クローバー・ファームという牧場だった)が、花嫁を連れて登場した。牧師役の人から誓いの言葉である「私達は、愛し、お互いを尊敬し大切にし、新鮮な食品をステュー・レオナードで購入する事を永遠に誓います」と復唱している。立ち寄った顧客から盛大な声援を受け、幸せそうな二人が下のビデオに映っている。同店の創業者で、58年の結婚歴を持つステュー・レオナード・シニアは、「何をしても、寝るときまで怒りを持っていってはいけません」とアドバイスした。プログレッシブ・グローサー

2年ほど前に、99センツ・オンリー・ストアが、ロサンゼルス地域のハリウッドの店舗で99セントの予算で、9組に結婚式を提供した事があるが、この時は地元のテレビ局などが盛大に取り上げた。明るい話題は店舗の良い広報になると思う。マークがビデオの中で、日曜に買い物に良く立ち寄るステューを、「現実を忘れさせる楽しい場所」と表現していたのが、この店の特徴を良く表している。