7月 13, 2011 コンビニエンス・ストア スーパーマーケット ディスカウント・ストア ドラッグ・ストア 流通業 0

ディスカウント・ストアのターゲットは、10月の感謝祭の翌日の金曜日に行われるブラック・フライデー・セールの夏版であるバック・イン・ブラック・フライデー・セールを、今週金曜日(715)に行うと発表した。木曜夜の深夜12時から、金曜日一杯1159分まで、オンラインのみのセールとなる。商品は、Xボックスの20%引きから、デジタル・フォト・フレームの50%引きまで人気商品が揃えられている。ビジネス・ワイア

ーーーーーーーーーー

スーパーマーケット・チェーン大手のクローガーは、同社のベビー用品のPBであるコンフォーツ・フォー・ベビーのサイトを立ち上げた。サイトの言語は英語とスペイン語が用意され、ヒスパニックの母親達にも利用してもらう。同サイトの、3人の子供を持つ母親で。チーフ・コンフォーツ・マムとなるポーラ・アンドラス氏は、子育て経験のある母親達のネットワークの場所にしたいと述べている。意見交換の場から、商品の紹介まで母親に役立つ情報が取り揃えられている。ビジネス・ワイア

このサイトは、商品販売はしておらず、唯一クローガーの店舗ファインダーのリンクがあるだけである。メーカーが造っているサイトは多いが、小売のPB商品のサイトは珍しいと思う。顧客との関係強化に役立つだろう。

ーーーーーーーーーー

コンビニエンス・ストア・チェーンの7イレブンは、東海岸に展開されている1,000カ所以上の店舗の改装を促進させると発表した。今年の3月から始められている改装は、新しいコーヒーバー、ホット・フード機器、店舗によっては、内装、床、天井、照明などのリニューワルも行われる。4ヶ月掛けて行われる改装中もほとんどの店舗の営業は続けられ、工事期間は主に深夜、5日以内で終え、週あたり60店舗の改装を行う。加えて550カ所の店舗では、床材の交換、駐車場の再舗装、外装の改装も行われる。改装中の店舗の社員は、顧客サービスのトレーニングが行われ、顧客の経験を高める。この改装を機に、今月から新しい7−イレブンの宣伝も始められ、スナックだけではなく、朝食、昼食、夕食のデスティネーションの店として強調する。同社は、現在フランチャイズを含めて8,600カ所以上の店舗を北米で展開している。PRニュースワイア

ーーーーーーーーーー

ライト・エイドに買収された西海岸のドラッグ・ストア・チェーン、スリフティー・ドラッグ・ストアは、アイスクリーム・バーの人気が高かった。買収後もスリフティー・アイス・クリームの名前が残されており、廉価で質の高いアイスクリームを提供している。今年も、アイス・クリーム・デーである717日には、新しいフレーバーの商品が加えられる。カリフォルニア州、エルモンテの工場で作られるアイスクリームは、同州にある500カ所のライト・エイド店で、パイント(2リットル弱)の容器で$2.29で販売されており、これはナショナル・ブランドの半分ほどの売価である。新しく加えられるフレーバーは、無脂肪の冷凍ヨーグルト、バースデー・ケーキ・アイス・クリーム・サンドイッチ、アプリコットとマンゴのシャーベット、キーライム・チーズケーキなどである。全体では約25種類の商品を揃えており、逐次入れ替えられている。ビジネス・ワイア