9月 12, 2008 Uncategorized ファッション フードサービス 流通業 0

ヨーグルトランド以前はアイスクリームより脂肪分のすくない健康食として人気があった冷凍ヨーグルトが、最近若者の間でファッションとして流行している。スターバックスが出資しているピンクベリーも、最近では飲み物もメニューに加え人気を得ている。コンセプトは、何種類かのフローズン・ヨーグルトにトッピングを加えて販売するというもので、36ドルくらいの価格帯となる。店舗はファッショナブルでネオンカラーなどを使った雰囲気、音楽も若者好みなものである。ヨーグルトランドは、このコンセプトにセルフサービスのビュッフェ・スタイルを加えたもので、顧客は、季節によって替えられる16種類のヨーグルトを自分で選び、33種類あるトッピングも好きなものを好きなだけ加えられる。料金は重さで決められており、1オンス(約29グラム)あたり30セントで、他のチェーンに比べてかなりお値打ちである。本社は、カリフォルニア州、ラミラダにあり、フランチャイズは親会社である、ヨーグルトランド・フランチャイジング社によって行われている。2006年からフランチャイズが始められ現在22箇所の店舗をカリフォルニア、ハワイ、ネバダ、ニューヨーク、テキサスの各州に展開している。