5月 28, 2011 デパートメント・ストア 娯楽レンタル・販売 宝飾・チェーン 流通業 0

ラグジュアリー百貨店チェーンであるニーマン・マーカスと宝飾のティファニーはそれぞれ好調な業績を発表した。ニーマン・マーカスは、430日に終わった第3四半期で、売上が9.9%増加して98,400万ドル、純利益も150%増加して4,620万ドル、既存店売上も9.7%増加した。粗利も1.5%改善して39.7%となっている。インターネット販売を含むダイレクト・マーケティング部門は、売上も利益も16%ずつ増加している。一方ティファニーは、430日で終わった第1四半期の売上が20%増加して76,100万ドル、純利益が26%増加して8,110万ドル、既存店売上も19%(為替を除くと15%)増加した。粗利は0.5%増加して58.3%となっている。津波の影響で一時閉鎖された店舗を持つ日本でも、売上が7%増加して12,340万ドルとなっている。地域別でもアメリカの+19%を初め、アジア太平洋地域が+37%、ヨーロッパが+25%と2桁台の売上増加があった。WSJ

1割の消費者が一般消費額の半分近くを占めているアメリカは分かるが、ヨーロッパやアジアでも所得の2極化が急速に進んでいるようにみえる。富裕層には、ガソリン価格の高騰や食品インフレなどの影響は皆無なのであろう。

ーーーーーーーーーー

ディッシュ・ネットワーク社に買収されたブロックバスターは、DVDレンタルを199セントへ値下げすると発表した。発売されたばかりのDVDは2ドル99セント、新作のDVDは1ドル99セント、2日目から全て199セントのレンタルとなる。また、74日までの販促として、2ドル99セントのDVDを1枚借りると、1ドル99セント以下のレンタルDVDを1日無料で借りられ、そのDVDを返すと、74日まで一回あたり1枚の1ドル99セント以下のDVDを1日無料で借りられる。この価格変更によって、ブロックバスターは、レッドボックスの11ドルレンタルよりも廉価となり、ゲームやテレビのショーを含めて10万以上のタイトルを持つブロックバスターの魅力が増す。PRニュースワイア

一時的な販促でなく、常時この価格が維持出来るなら、ブロックバスターの競争力はかなり増す事になる。ディッシュ・ネットワークは、ストリーミングなど他のビジネス・モデルも導入するだろうから、廉価のレンタル・アウトレットを合わせ持つ強さとなるかもしれない。しかし、破格の安値で買収した企業が持っていた、DVDのライブラリーは永久に使えるわけではないので、その後はレッドボックスとほぼ同じコストを負担しなければならない。その時点ではキオスクと店舗の経費差がでてくる事になり、競争上不利である。尤も、DVD・レンタルは時限ビジネスなので、それまでにはストリーミングの顧客ベースを構築してしまおうと云うことかもしれない。