11月 24, 2008 Uncategorized アパレル スポーティング・グッズ スーパーマーケット ディスカウント・ストア デパートメント・ストア ホーム・ファーニッシング 家電・電子機器チェーン 流通業 0

感謝祭の翌日の金曜日と翌週の月曜日は、ホリデー商戦が本格的に始まる日と云われているが、消費者の今年の購買予定をメイリッツ社が調査した。10月14日から24日の間に、任意抽出の1,525人のインターネット・パネルで行われた調査によると、サイバー・マンデーに買い物をすると答えた人達は、昨年の20%から増え26%いた。ブラック・フライデーも、昨年の37%から41%と微増した。ジェネレーションX(46%)やY(53%)の若い世代の方が、ブーマー(36%)やその上の世代(10%)に比べてブラック・フライデーに買い物する率が高いという結果も出ている。15の小売チェーンから選ばれれた買い物を予定している店のリストは次の通り:

Retailer                    Gen Y  Gen X  Boomers  Silent Gen

  Wal-Mart                 61 %    66 %    57 %    64 %

  Target                      67 %    57 %    47 %    37 %

  Best Buy                   52 %    39 %    34 %    23 %

  Toys R Us                 33 %    38 %    23 %    15 %

  K-Mart                     25 %    28 %    27 %    27 %

  Kohl’s                       32 %    23 %    27 %    28 %

  Sears                        13 %    19 %    29 %    23 %

  Macy’s                      24 %    18 %    17 %    20 %

  Circuit City               21 %    20 %    18 %    10 %

  Victoria’s Secret       33 %    17 %    13 %     2 %

  Apple Store/iTunes 18 %       8 %     6 %     3 %

ーーーーーーーーーー

11月からクーポンの値引率を変えていたフレッシュ&イージーは、密かに別のクーポンを発行している。ウェブでは30ドルで6ドル引き(20%)のクーポンだけがポストされているが、印刷された20ドルクーポンが存在した。値引率は20%と同じだが、一回の買い上げ額20ドルでいい。やはり客単価30ドルはすこし無理があるようである。