3月 31, 2011 アパレル オンライン・リーテイラー オート用品ストア クラフト・ショップ スペシャリティー・ストア スポーティング・グッズ スーパーマーケット ダラー・ストア.チェーン ディスカウント・ストア デパートメント・ストア トイ・ストア ドラッグ・ストア ホーム・インプルーブメント・センター 会員制倉庫型店 娯楽レンタル・販売 家電・電子機器チェーン 流通業 0

今年もブランドのコンサルタント会社であるインターブランド社がアメリカの小売ブランドのランク付けを発表した。以下25位までのブランド。

  1. ウォルマート
  2. ターゲット
  3. ザ・ホーム・デポ
  4. ベスト・バイ
  5. CVS
  6. ウォルグリーンズ
  7. サムズ・クラブ
  8. コーチ
  9. アマゾン
  10. デル
  11. ノードストロム
  12. Eベイ
  13. ロウズ
  14. パブリックス
  15. ステープルズ
  16. ダラー・ジェネラル
  17. エイボン
  18. コールス
  19. コスコ
  20. ビクトリアズ・シークレット
  21. オートゾーン
  22. ティファニー
  23. ゲームストップ
  24. ギャップ
  25. ベッド、バス&ビヨンド

今年ランキングに新しく入ったブランド:

パブリックス(14)、マイケルズ(29)、ロス・ドレス・フォー・レス(30)、トイザらス(39)ダラー・ツリー(43)、アンソロポロジー(50)

逆にランキングから落ちたブランド:

バックル、アバークロンビー&フィッチ、レント・ア・センター、JCペニー、アドバンス・オート・パーツ

このランキングは、そのブランドのEVA(経済的付加価値)に、過去のデータやリサーチャー計算したブランドの持つ役割を%にして掛け、ブランドの将来性を1から100で査定し同社が開発したアルゴリズムで割り引き掛け合わせた結果を数字で表して比較している。アメリカ以外の国のブランドも、カナダ、英国、フランス、ドイツ、スペイン、アジア太平洋地区(ユニクロが2位、山田電器が8位、イトーヨカードーが10位)のそれぞれのブランドもランキングされているので、興味のある方はこちら