11月 20, 2008 ショッピング・センター 流通業 0

来週の感謝祭の翌日の金曜日は、小売業待望のブラック・フライデーである。毎年この日の売上でやっと黒字になるところから「黒字の金曜日」と云われているが、最近は販促日としての呼称になったようである。先日ザ・アメリカナ・アト・ブランドに行ったら、カレンダーのイベントに書いてあった。消費者もバーゲンを期待しているのであろう。 
ショッピング・センター開発会社のトーブマンは、ブラック・フライデーに、先着2008名に20ドルのギフト・カードを配るそうである。これはカナダからデトロイトに買い物来るお客に渡され、国境のトンネルを出たところにある料金所を通る、最初の2008台の車にバウチャが渡される。バウチャは、トーブマンのデトロイト地域にある4カ所のモールのサービス・カウンターでギフト・カードに交換出来る。昨年から始められた販促だそうである。