12月 31, 2010 ドラッグ・ストア 流通業 0

ドラッグ・ストア・チェーンとPBM大手のCVS・ケアマークは、国の調剤保険であるメディケア・パートDを主に扱うユニバーサル・アメリカン社を12.5億ドルで買収すると発表した。この買収によってケアマークのメディケア・パートDの扱いは倍以上になる。同社はメディケア・パートDの顧客を190万人ほどもっており、ケアマークの120万人を上回る。この買収は2011年の第2四半期までには終了予定である。WSJ

CVS・ケアマークは、PBMであるケアマークの分割の噂があったが、この買収を考えると、PBMに対してさらなる積極策をとる事になる。2011年からは医療制度改革の関係で薬品業界にも大きな影響があると観られ、そんな環境下での戦略なのであろう。

2010年も今日で最後となりました。皆様良い年をお迎えください。2011年が希望多き年となりますように心よりお祈り申し上げます。