11月 28, 2010 アパレル オンライン・リーテイラー ディスカウント・ストア デパートメント・ストア 家電・電子機器チェーン 流通業 0

全米小売業協会(NRF)がビッグリサーチ社に依頼して行った調査結果によると、感謝祭の週末(木曜から日曜含む)には、2億1,200万人が買い物に訪れ、昨年の1億9,500万人を上回った。また、平均適な買い物客は$365.34使っており、昨年の$343.31より増加、総額では推定450億ドルの売上となった。感謝祭週末の小売の売上がホリデー商戦全体の結果を表すわけではないが、小売業に対して励ましにはなるとNRFのCEO,マシュー・シェイ氏は述べている。ブラック・フライデーのセールは毎年早くなっており、買い物客で深夜12時から並んだ人達は昨年の3.3%から3倍ちかい9.5%となった。午前4時までには24%の人達が店舗にきていた。また、感謝祭の日に店舗又はオンラインで買い物をした人達も2,230万人となり、2005年の1,030万人から倍増している。昨年良く購入された実用品であるジーンズやコーヒー・メーカーに比べて、今年は宝飾(昨年の11.7%から14.3%)、ギフト・カード、玩具、書籍、家電などの欲しい商品の購買も増えている。バーゲン・ハンターが多い中、お値打ちを持った小売業の指示は高く、百貨店(昨年の49.4%から52.0%へ増加)、衣料店(22.9%から24.4%)の人気も高かった。ディスカウント・ストアのシェアは、43.2%から40.3%へに減少しており、オンライン販売は28.5%から33.6%へ大きく増加している。

この調査結果は11月25日から27日の間で、4,306人の消費者を対象に行われた。その他のチャートはここ

Chart: Holiday 2010 – Black Friday Weekend Shopping Patterns

Tags:

Holiday 2010 - Black Friday Weekend Shopping Patterns

Powered By: iCharts | create, share, and embed interactive charts online