11月 27, 2010 オンライン・リーテイラー ディスカウント・ストア 家電・電子機器チェーン 流通業 0

ブラック・フライデーに店舗に出向かずオンラインで買い物をした人達の売上が、前年度より16%増加したそうである。ウェブの調査会社であるコアメトリックスによると、平均客単価は$170.19から$190.80に12%増加し、金曜日の増加は感謝祭の日の33%の売上増加に続いている。携帯電話による販売はまだそれほどではなく、オンライン小売業のウェブ・トラフィックの5.6%ほどだった。ホリデー商戦全体では、オンライン販売は8%から10%に相当する。ショッパーズトラックによると、昨年のブラック・フライデーの週末の売上はホリデー商戦全体の12.3%に相当し、ブラック・フライデーだけでその半分の売上があった。WSJ
ブラック・フライデーの購入の多くは家電だったと家電協会とCRAVANが発表している。同協会の調査では、金曜日に買い物した人達の58%は何らかの家電を購入しており、最大のアパレルの購入に続くものだった。昨年は、感謝祭の週末の購入者の54%は家電を購入していた。今年のホリデー商戦では、平均$232使われると推定されており、昨年度より5%増加している。一番人気の商品は次の通り。

  1. Portable mp3 players
  2. Video game consoles and accessories
  3. Computers, including notebooks and tablets

調査対象者の約半分はこの週末に買い物をする予定で、27%の人達は金曜日に買い物をしている。量販店が一番人気で、78%の人達が買い物をしており、感謝祭の日に家電を購入した人達の53%はオンライン販売を利用している。ビジネス・ワイア