11月 22, 2010 オンライン・リーテイラー スーパーマーケット ディスカウント・ストア 流通業 0

ウォルマートは、通常は感謝祭翌日のブラック・フライデーだけに行われる特別セールを3日間に延長し、販売商品に対して最低価格保証をすると発表した。このセールは、感謝祭の日のオンライン・セールから始まり、金曜日、土曜日と続けられる。競合他社でウォルマート以上に安い価格を見つけた場合は、レジでその広告を見せると価格調整をしてくれる。但し、この最低価格保証は、オンライン販売には適用されない。同社の並々ならぬホリデー商戦への意気込みが伺える。
ーーーーーーーーーー

アマゾン・ドット・コムは、ブラック・フライデー用のバーゲン・セールを今日から始め、毎日特別バーゲン商品を販売し、週末まで続ける。既にかなり割引されている商品がさらに値引きされており、オンライン版のドアバスター商品となる。毎年感謝祭の週末後のサイバー・マンデーにはセールが行われるが、今年はそのセールの前倒しとなる。

また、別のニュースで、同社はアイフォーンを使って価格比較が出来るアプリを発表した。このアプリは、バーコードのスキャン、書籍、DVD,CD,ビデオゲームなどの写真、又は商品名を云うか入力すると、マッチする商品を探し、アマゾンや他のオンライン販売各社の価格を教えてくれる。その場でアマゾンから購入することも出来る。検索できる商品は、書籍からHDTV、ベビーのストローラーまで何百万のアイテムがある。ビジネス・ワイア

こういった価格比較は今後ますます増えると思われる。消費者には便利だが、小売チェーンにとっては価格競争をまねく要因となる。
ーーーーーーーーーー

南カリフォルニアで167店舗を展開するローカル・スーパーマーケット・チェーンであるステータ−・ブラザースは、今年で19年目となる感謝祭の慈善事業を行う。地域の慈善団体と協力し16万5,000人以上の人達に感謝祭の食事を提供する。PRニュースワイア