11月 21, 2010 アパレル オンライン・リーテイラー スペシャリティー・ストア ファーニチャー・ストア フードサービス ホーム・ファーニッシング 宝飾・チェーン 家電・電子機器チェーン 流通業 0

クレジッット・カード会社のマスタカードのコンサルティング部門である、マスタカード・アドバイザースが発表したスペンディングパルス・リポートによると、10月31日から11月13日までの間の小売売上高は、全般的に上昇傾向だった。2010年8月から数々のカテゴリーで徐々に売上があがってきており、家具や家庭雑貨など一部では下がっているが、ホリデー商戦に向けて全体に伸びが観られる。アパレルの売上は昨年度に比べて9.7%増加しており、10月の8.2%に続くものだった。ハイ・エンドなレストラン、食品店、百貨店、アパレルなどのラグジュアリー・エックス・ジュエリー指標も6.7%増加しており、昨年のー9.2%から大きな改善であった。同指標は10月も4.2%増加していた。電子コマースは、8月、9月、10月の7%+からさらに伸びて11.4%の増加となった。家電と電器製品のカテゴリーは、10月のー3.1%から+0.7%とプラスになった。家電だけだと+0.4%となる。ビジネス・ワイア