9月 29, 2010 スーパーマーケット ホーム・インプルーブメント・センター 流通業 0

スーパーマーケット・チェーン大手であるクローガーは、このところプライベート・ブランド商品を増強しており、既に2万以上の商品を品揃えしているが、現在契約工場に委託されている商品を自社にて製造するために、これらのプライベート・ブランドの製造工場の買収を模索している。株価の低迷によって企業の時価額は下がっており、借入の利子も下がっているため、良い機会となっているが、まだ売却希望価格が高すぎると、同社のCEOデービッド・ディロン氏は、投資家とのコンフェレンスで述べている。すでに2つの買収提案をしたが、成功していないそうである。最近一部の高所得者の顧客は、高級ワインや、同社のスーパーマーケット内に展開されているスターバックスでのドリンクの購入などが増えているとも述べている。ロイター
ーーーーーーーーーー

ホームセンター・チェーン大手のロウズは、1,700カ所ほどの店舗にリサイクリング・センターを設置したと28日に発表した。このワン・ストップのリサイクリング・センターは入り口近くに設置され、充電式のバッテリー、携帯電話、電球形蛍光灯、プラスチック・バッグ等のリサイクリングを顧客に無料提供する。同社のこのリサイクリング・センター以外にも環境保護の為のプログラムを数多く持っており、その一部は次の通り:

  • 全米で配送パレットのリサイクリングを始めて5年目となり、2009年には166,000トンの木材のパレット、147,000トンのカードボード、400トン近くのシュリンク・ラップをリサイクルした。
  • 家庭の電気製品のリサイクリング・プログラムをこの春からはじめており、新しい製品の購入時に古い製品の下取りを無料で行っている。
  • 今年、環境庁のエナジー・スター・サステインド・エクセレンス賞で小売部門第1位となった。省エネ商品を販売する小売業としては、8年連続でエナジー・スター賞を受賞している。
  • 300万個の高効率蛍光灯を使った売場の省エネ照明への転換を、812カ所の店舗で終えた。この転換による節約は、1年間に5万の住宅で消費される電力に相当する。
  • 昨秋から節水タイプの灌水装置を店舗周りの植栽用に導入している。この装置は地域の気候の変化で灌水量などを調節し、最大50%の節水が可能となる。

ビジネス・ワイア