9月 24, 2010 オート用品ストア シュー・ストア スペシャリティー・ストア ディスカウント・ストア ドラッグ・ストア フードサービス ホーム・ファーニッシング 娯楽レンタル・販売 家電・電子機器チェーン 流通業 経済 0

DVDなどのレンタル・チェーンであるブロックバスターは、かねてより噂されていた、倒産申請を23日に行った。連邦倒産法第11章をニューヨークの法廷に申請しており、資産は10.2億ドル、負債は14.6億ドルと記載されている。既に、優先債権者の債権の株式転換の合意を取り付けており、来年初めを予定している更正時には、現在の負債10億ドルが1億ドル程度に軽減される。また、DIPファイナンスも1億2,500万ドルが債権者によって提供され、今後の運営に必要な資金は確保されている。現在同社が展開している約3,300店舗のうち500箇所から800箇所の閉鎖も行われる。投資家のカール・アイカン氏が、優先債権の1/3ほどを保有しており、更生後は、役員7人のうち3人の指名権を持つと云われている。年末までにはレッドボックスのキオスクの半分弱にあたる1万カ所のNCRのDVDレンタル機を設置し、ネットフリックスが提供している、DVDの郵送サービスも初めており、既に120万の会員を持っている。しかしネットフリックスの1,500万人の会員数にはかなり遅れをとっており、最近29%ほどの会員を失ったともリポートされている。ニューヨーク・タイムズ
ーーーーーーーーーー

ディスカウント・ストア・チェーンのターゲットは、アップル社のタブレット・コンピューターであるiPadを10月3日から販売すると発表した。ビジネス・ワイア

これまでアップルとベスト・バイだけで販売されてきたが、今年のホリデー商戦にかけて価格競争も起こっている電子書籍リーダーなどとの競争で、販売チャンネルの増強を考えていると思われる。
ーーーーーーーーーーー

動物の縫いぐるみを顧客に造る手伝いをして貰って販売するチェーンである、ビルド・ア・ベア・ウォークショップは、今年のホリデー商戦に向けて、10月から10カ所ほどのポップアップ・ストア(仮設店)を開店すると発表した。同社は現在400カ所以上の店舗を世界中に展開しており、これらの仮設店の一部は、ホリデー後も維持する計画である。ビジネス・ワイア
ーーーーーーーーーー

小売チェーン 既存店 総売上 今期売上 損益
オートゾーン 6.7% 9.5% $2,450.0 $268.9
粗利は50.3%から50.5%へ微増で、利益は予測を上回って14%増加した。同期に80カ所の新店をアメリカで、26カ所をメキシコで開店し、全体で4,389店舗のチェーンとなっている。
ドレス・バーン NA 78.0% $710.9 $42.0
ツイーン/ティーン・アパレル・チェーンのジャスティスの売上は2億4,560万ドルだった。2011年度では既存店売上で2%から5%程度の増加を予測している。
ベッド、バス&ビヨンド 7.4% 11.6% $2,140.0 $181.8
利益は34%増加しており、粗利も40.4%から40.9%に向上している。現在972カ所のベッド、バス&ビヨンド、139カ所のクリスマス・ツリー・ショップス、ハーモン、バイバイ・ベビーを展開している。
ベスト・バイ -0.1% 2.9% $11,339.0 $254.0
粗利は1.3%増加して25.7%となったが、国内の市場シェアは0.5%減っている。モバイル・フォーン、小型家電、タブレットを含むモバイル・コンピューターが伸びており、テレビ、娯楽機器、ソフトの販売が減少している。
クラッカー・バレル・オールド・カウントリー・ストア 2.6% 2.8% $612.50 $27.4
大型レストランの既存店売上は2%増加し、レストランの客数は+0.1%、客単価は+1.0%だった。来年度はレストランの既存店売上で1.5%から3%の増加、小売で2%から4%の増加を予測している。
ダーデンズ(オリーブ・ガーデン&レッド・ロブスター) 1.1% 4.2% $1,806.7 $113.1
コンセプト別の既存店売上では、オリーブ・ガーデンが+2.7%、ロングホーン・ステーキハウスが+2.2%、レッド・ロブスターが−1.7%だった。
フィニッシュ・ライン 2.0% 0.8% $301.1 $16.8
前年度の赤字から黒字に転換、667店舗のアスレティック・シューズのチェーンである。
ピア1・インポーツ 11.0% 8.0% $310.00 $14.4
黒字転換で、売上も伸びている。粗利も在庫適正化によって52%から58.3%へ改善している。8月の売上状況も良く、客数、客単価も伸びている。
ライト・エイド -1.5% -2.5% $6,160.0 ($199.3)
債務の借り換え、売上低下などで損失が増加。今年の4月から始められたロヤリティー・プログラムであるウェルネス・プラスは、2,200万人の会員に育っているが、その経費が増えている。品揃えを減らし低価格を提供しているバリュー・ストアは37店舗に、ノース・カロライナ州では、セーブ・ア・ロットと協力して、生鮮食品販売を10店舗で行う予定である。同期に20店舗を閉店し4,747店舗のチェーンとなっている。
単位:100万ドル

ーーーーーーーーーー
7月の中古住宅の販売数が7月から7.6%増加した。一戸建てと集合住宅などを含む中古住宅の売買数は、季節調整済み年率で413万戸となり、7月の384万戸より増加した。しかし前年度の510万戸からは19.0%下がっている。住宅購入で一般的に使われる30年均等払いの固定金利平均は4.43%と7月の4.56%からさらに下がっている。全米の全ての中古住宅の中間価格は$178,600で1年前から0.8%上がっており、差し押さえ物件などが売買に占める割合は34%で7月の32%から増加した。地域的には、北東部の住宅価格は7.6%上がり中間価格で$260,300, 中西部が0.4%上がって$155,000,南部が13.4%下がって$155,000,西部は2.5%下がって$214,700だった。全米不動産協会