9月 17, 2008 スーパーマーケット 流通業 0

ニューヨーク州、ロッチェスターに本部を持つリージョナル・スーパーマーケット・チェーンのウェグマンズは、先進的な企業として知られている。毎年フォーチュン誌が選ぶ、「働きたい企業100社」の調査でも、1998年以降毎年選ばれており、2005年は1位、2008年も3位に選ばれている。私企業で、地域で75店舗、総売上45億ドルのチェーンである。1916年の創業以降、いまでもウェグマンの家族で経営されており、社員と地域のコミュニティーを大切にする社風には定評がある。業界の問題点などへの取り組みにも前向きで、今回はエコ・フレンドリーな企業として、自社の配送トラックの総入れ替えを行った。この新しいトラクターは、以前のものに比べて有毒な排気ガスが90%減らされ、省エネとしても年間92,000ガロンのガソリンが節約できると予測されている。当初101台のトラクターが導入され、今後20台追加される予定である。このトラクターは、カミンズ社のディーゼル・エンジンがボルボの車体に積まれている