8月 30, 2010 スペシャリティー・ストア スーパーマーケット 流通業 経済 0

2003年にニューハンプシャー州、ポーツマウスで1号店が開店された「ザ・ミート・ハウス」は南カリフォルニアを初め他州に店舗展開を促進させている。投資家のジャスティン・ロスバーグ氏とレストラン業界ベテランであるジェイソン・ペアレント氏が共同で創業したこの企業は、現在8州で25箇所の店舗を展開する、食肉を中心とした小型の食品店チェーンである。店舗の広さは3,500平方フィートから4,500平方フィートで、フル・サービスの精肉カウンターを持っている。南カリフォルニアには、今年の1月にコスタ・メサで開店され、今年中にはミッション・ビエホとブレアにも開店予定で、同社のフランチャイズ契約では、11州125箇所の店舗開店の合意がなされている。店内は精肉カウンターに加えて、デリと調理済み食品、スペシャルティー・チーズ、青果、新鮮なパン類、ワインと地ビールのセクション、グルメ食品などが用意されている。商品は地場のものを中心に地域に合わせて品揃えされている。フランチャイズ契約は、最低4箇所の店舗開店が要求されており、アメリカ各地のテリトリー契約が行われている。フレッシュ&イージー・バズ *写真も

以前は地域に必ず数箇所はあったブッチャー・ショップ(食肉店)も最近では余り見られなくなった。それでも素材にこだわるフーディーは、数少ないそんな店を探して購入しており、それなりに繁盛している。食の安全に関する関心も高まっており、精肉コーナーの需要はけして低くない。ニッチ・マーケットだろうが将来性のあるチェーンだと思われる。
ーーーーーーーーーー

商務省、経済分析局は、7月の個人所得が前月と比べ、300億ドル、0.2%増加、可処分所得は176億ドル、0.2増加したと発表した。個人消費は441億ドル、0.4%増加している。6月の改訂値は、個人所得がー0.1%以下、可処分所得がー0.1%以下、個人消費ー0.1%以下だった。7月の貯蓄額は6,734億ドルで貯蓄率5.9%となり、6月の6,997億ドル、6.2%より減少した。実質的な所得が増えない中、消費が増えた分貯蓄が減っている勘定である。収入が増えないかぎり本格的な消費の増加は見られないだろう。