8月 25, 2010 オンライン・リーテイラー スーパーセンター 会員制倉庫型店 流通業 0

ミシガン州を中心にスーパーセンターを展開するマイヤーは、ポイント・インサイド社と協力して、店舗内の商品陳列場所が分かるスマート・フォーン用の無料アプリを発表した。このGPS利用のアプリは、マイヤーに在庫されている10万以上のアイテムの場所が地図上で案内され、週毎の販促などの情報も提供される。また、広大な駐車場に駐められた車の位置も記録される。まだ実験段階で、次の4カ所の店舗に導入されている。スーパーマーケット・ニュース

  • Meijer at Cascade , located at 5531 28th St SE, in Grand Rapids, Michigan
  • Knapp’s Corner, at 1997 E Beltline NE, in Grand Rapids, Michigan
  • Gaines Township, at 1801 Marketplace Drive, in Gaines Township, Michigan
  • Grandville, at 3434 Century Center Drive SW, in Grandville, Michigan

昨日もロケーション・サービスのリポートをしたが、この分野は急速に進みそうである。実際、ウォルマートやマイヤーなどのスーパーセンターでは、何かと商品を探すのに苦労するし、聞こうにも社員の数が少ないのが現状である。セルフ・サービスは、うまくテクノロジーを使えば、ある意味では付加価値となり得るという良い例だろう。
ーーーーーーーーーー

会員制倉庫型チェーンのコスコは、今後ショッピング・センターの核テナントとして入居すると、同社の創業者で会長であるジェフ・ブロットマン氏が述べている。これは先週発表されたモール・オペレーターのウェストフィールドととの合意で、ロサンゼルス郊外のビレッジ・アト・ウェストフィールド・トパンガ、フロリダ州のウェストフィールド・サラトガ・スクウェア、メリーランド州のウェストフィールド・ウィートンでのコスコの開店に関してのコメントである。サラトガとウィートンは百貨店の跡地で、それぞれ15万平方フィートほどの広さを持っており、トパンガは新規出店である。開店は2011年終わりから2012年初めの予定である。WSJ

これまでモールにはディスカウント・チェーンのテナントは余り誘致されていなかったが、百貨店業界が統合され、大型テナントが少なくなっている現状で、ディスカウント・チェーンの予算に見合う家賃が提供され始めたのだろう。ターゲットはこれまでもかなりのモールに出店しており、東海岸のチェーンであるBJsホールセールもいくつかの店舗がモールに出店されている。
ーーーーーーーーーー

以前にリポートした、アマゾン・ドット・コムと、作家のエージェントである、アンドリュー・ワイリー氏との電子書籍専売契約の一部が破棄された。この契約は、同氏が代表している作家達の書籍を扱っていたドイツのベルテルスマン社傘下のランダム・ハウスが、ワイリー氏の電子書跡販売権に関して不当だと主張し、彼らの新しい書籍をボイコットしていた。この結果、前述の契約が破棄され、今後はランダム・ハウスが電子書跡販売も扱うことで妥協したわけである。当然新たなロヤリティー支払いが約束されているが、公表はされていない。アマゾンはこの他にも7つのタイトルの専売権をワイリー氏から得ているが、これらの出版社も交渉中だそうである。WSJ

とりあえず出版社の影響力の方がまだ強いようであるが、今後こういった問題は増えてくると思われる。