11月 12, 2008 Uncategorized ディスカウント・ストア 家電・電子機器チェーン 流通業 0

ウェブギフター社が、2,000人のアメリカの成人を対象に行った調査で、プレゼントに関する面白い統計が発表されている。

  • 42%の人達は、何がプレゼントして欲しいか先に聞かれることを好む
  • 84%の人達は自分の気に入らないプレゼントを貰ったことがある
  • 22%の人達は、気に入らないプレゼントを寄付するか捨てる
  • 女性は、貰ったプレゼントを他に回す確立が高い(18%/女性、11%/男性)
  • 家族や友達にプレゼントを買う人達の65%は、オンラインで何らかの買い物をしており、25%の人達は、1/4以上の買い物をオンラインで行っている
  • 1/3の人達は、年間21以上のプレゼントを買い、7%の人達は51以上のプレゼントを買う
  • 年間50以上のプレゼントを買う人は女性に多い(11%/女性、3%/男性)

ターゲットは、慈善団体である救世軍の図書館、メディア・センター改装の費用として、100万ドルの寄付を行うと発表している。ウォルマートとウォルマート基金は、ニュージャージー州の非営利団体に対して、40万ドル以上の寄付を行ったと発表している。
家電のベストバイ社は、 来年度の業績予測を下方修正している。売上は当初予測の470億ドルから437億ドルー455億ドルになると修正された。景気後退は全ての小売業に影響している。