5月 29, 2010 フードサービス 流通業 0

消費者の健康と食べ物などについてリサーチしている団体である、センター・フォー・サイエンス・イン・ザ・パブリック・インタリストで、最も不健康な食べ物に選ばれたファイブ・ガイズというハンバーガー店がある。最低でも700カロリー以上、ベーコン・チーズバーガーは920カロリーで、30グラムの塩分が含まれており、大きなサイズのフレンチ・フライは1,460カロリーもあるそうである。しかしこのチェーンはとても流行っており、お昼の繁忙時に行くと、かなり並んでいる盛況である。20人近くいる社員は、ほぼカスタム・メードに近いハンバーガーを短い待ち時間で提供してくれる。1986年創業で、ジェニー&ジェリー・マレルと、その息子達が始めたハンバーガー店で、現在のその5人の子供達が、ファイブ・ガイズとして経営している。1号店はバージニア州、アーリントンのウェストモンと・ショッピング・センターで開店されたが現在は残っていない。その後、東部を中心に展開され、2010年4月で、国内35州と、カナダのアルバータ、ブリティッシュ・コロンビア、オンタリオ、ケベックの諸州で、約500店がフランチャイズを含んで展開されている。ほぼ手作りなバーガーは、生か炒めたタマネギ、トマト、レタス、ピクルス、ピーマン、ハラピニョ、炒めたマッシュルームなどの付け合わせと、マヨネーズ、ケチャップなど味付け風味も選べ、素材は新鮮なものだけを使用している。メニューはパティが2枚入ったレギュラー・ハンバーガー、1枚のリトル・バーガー、コーシャー・スタイルのホット・ドッグ、ピーナッツ油で新鮮なジャガイモを揚げたフレンチ・フライが中心である。味付けには、同店特有のファイブ・ガイズ・スタイルとケージョン・スタイルの2種類が用意されている。情報誌などで一番美味しいと評される事が多いハンバーガーのひとつである。