5月 27, 2010 スーパーマーケット 流通業 経済 0

ウォルマートは、来週初めのメモリアル・デーの3日連休を前に、コカ・コーラ、ペプシ、ドクター・ペッパーなどのソーダ類のさらなる値下げを行なう。夏のバービキューが楽しまれ始めるこの連休に対する販促である。4月から大々的なロールバックで値引きを行っている同社は、通常メーカーの協力によって行われる値引きを、同社自身で行っていると観られる。ここ数週間24缶入り5ドルで販売されているこれらのソーダ類は、今週末には3ドル99セントで売られる予定で、この価格は’過去5年で最低の価格である。このところ売上増強の為には、なりふり構わないウォルマートである。CNBC
ーーーーーーーーーー
ウォルマートの発表によると、同社の英国の子会社であるアズダは、デンマーク最大のダンスキ・スーパーマーケット社から、同社の英国の子会社であるネット−・フードストアズ193店舗を7億7,800万ポンドで買収すると発表した。これらの店舗は、2011年夏までにアズダの店舗に改装され、25,000平方フィート以下の小型店は、アズダの新しいスーパーマーケット部門の傘下となる。英国の公正取引事務所の承認も今年の夏までには得られる予定である。現在英国でテスコに次ぐシェアを持つアズダは、2015年までに最大のジェネラル・マーチャンダイジング・チェーンになる目標を持っている。

ーーーーーーーーーー

経済分析局の発表によると、アメリカの2010年第1四半期の国内総生産(GDP)は、第二次推定値で+3.0%となり、第一次推定値の3.2%よりすこし下がった。要因は輸出の増加、個人支出の減少などで、輸出の増加分が下げ幅を緩和した。