5月 24, 2010 ショッピング・センター 流通業 0

現在ラスベガスで、ショッピング・センター業界(ICSC)のコンベンションが行われているが、その発表によると、2009年にはアメリカで10,4919箇所のショッピング・センターが運営されていたそうである。2008年からは0.7%ほど増えており、2010年にも微増するとマーケティング会社のコースターグループがリポートしている。ショッピング・センター全体の賃貸面積は72.3億平方フィートで、アメリカの小売全体の売場の47.1%を占めている。これらの不動産の時価総額は2兆9,800億ドルとなり、事務所ビルの1兆6,400億ドル、工場などの一兆700億ドル、ホテル・レジャーの8,950億ドルを遙かに上回っている。ショッピング・センターはアメリカの生活に切っても切れない関係を持っているようである。ニュースワイア