9月 25, 2008 ドラッグ・ストア 流通業 0

消費者の調査で著名なJD Power and Associatesのリポートで、ドラッグ・ストア業態別の消費者の満足度の調査結果が報告されている。顧客満足度順位は次の通り。

チェーン・ドラッグ・ストア
1.メディスン・ショップ
2.ヘルス・マート
3.CVS
4.ウォルグリーンズ
5.ライト・エイド
6.ロングス・ドラッグ
7.デュエイン・リード

ディスカウント・ストア
1.ターゲット
2.Kマート
3.ショップコ
4.マイヤー
5.サムズ・クラブ
6.コスコ
7.ウォルマート

他の業態では、ラルフス、ウェグマンズ、パブリックスなどが選ばれた。尚同調査で、ジェネリック調剤の消費者への普及度が高いとも報告されている。調剤薬局の顧客の1/4はこのプログラムを利用しており、特に44歳以上の消費者では参加率が高い。ウォルマートが2006年の11月から始めた、月額4ドルのジェネリック調剤販売は、その後多数の小売業で取り入れられている。詳しくは、同社のサイトを参照。