3月 25, 2010 Uncategorized アパレル シュー・ストア ジェネラル・マーチャンダイジング・ストア スペシャリティー・ストア ディスカウント・ストア デパートメント・ストア トイ・ストア フードサービス 娯楽レンタル・販売 宝飾・チェーン 家電・電子機器チェーン 流通業 0

アパレル・チェーン大手のギャップは、オーストラリアに開店すると発表した。フランチャイズ・パートナーである、バスビー・ホールディングス社の子会社ブランド・リパブリック社による開店で、今後3年から5年で10カ所15カ所のギャップ店を開店する予定である。この新しい地域での開店によって同社の店舗展開地域は24カ国となり、28カ所のバナナ・リパブリック店を含んで136カ所のフランチャイズ店となる。来年は中国でも1号店を開店予定である。ロイター
ーーーーーーーーーーー

ザラなどのブランドを持つスペインのインディテックス社は、1月31日で終わった第4四半期の業績を発表した。売上が8.9%増加して33.3億ユーロ、利益が18%増加して4億8,300ユーロとなった。通年では売上が7%増加して111億ユーロ、利益は5%増加して13億ユーロ、既存店売上は2%増加した。昨年売上でギャップを抜いて世界一のアパレル・チェーンとなった同社は、2009年に343カ所の新店を開店しており、2012年までに世界中で8%から10%の店舗増加を計画している。フィナンシアル・タイムズ

小売チェーン 既存店 総売上 今期売上 損益
アメリカン・アパレル -7.0% 8.6% $158.1 $3.0
通年では、売上は2.5%増加して5億5,880万ドル、利益は32.4%減少して2,440万ドル、既存店売上は10%減少した。同社はアパレル・メーカー小売で、卸し部門と281カ所の直営店を展開している。2010年度の第1四半期の既存店売上は−10%と落ちている。
ベスト・バイ 7.0% 12.4% $16,550.0 $779.00
国内の市場シェアは2.6%増加してiいる。今年は、大型店を50カ所から55カ所、主に携帯専門の小型店を75カ所から100カ所開店予定。2011年の既存店売上も1%から3%の増加を予測。
CKE(カールスJr他 NA -5.0% $311.7 $15.4
同社は6億1,090万ドルでトーマス・E・リー・パートナーズに売却されると2月に発表されている。
コスト・プラス -2.5% -4.6% $320.0 $21.1
263店舗の家庭雑貨のチェーン。通年では売上が%減少して8億6,946万ドル、損失は6,332万ドル(前年度は1億267万ドルの損失)だった。
DSW 13.0% 16.0% $402.6 $13.4
前年度750万ドルの赤字から黒字転換、粗利も20.6%から29.2%へ改善。
フレッド -0.9% 0.8% $473.1 $5.7
通年では売上が06%減少shて1.79億ドル、利益が45.7%増加して3,835万ドル、既存店売上は0.4%増加した。同社は669カ所のディスカウント・ジェネラルマーチャンダイジング・ストア・チェーンである。
ゲームストップ -7.9% 0.9% $3,520.0 $215.9
景気後退の影響を受けているが、予測は上回った利益だった。売上の大半を占める新しいゲームの販売額は5.2%、中古ゲームは8.8%増加しているが、ゲーム機器の売り上げは9.2%下がっている。今期の第1四半期は0%からー3%の既存店売上を予測している。
ルルレモン・アスレティカ 29.0% 54.5% $160.6 $28.5
カナダのヨガ・テーマのアパレル・チェーンで、利益を3倍に増やし好調な業績を発表。現在100カ所以上の店舗を、カナダ、米国、オーストラリア、香港で展開。今後も年間35カ所ほどの新店を開店予定である。
ソニック -13.2% -33.0% $112.8 ($0.6)
フランチャイズを含んで3,500カ所ほどのドライブ・インのハンバーガー・チェーン
スタイン・マート -3.8% -6.0% $341.8 $2.7
通年では売上が8%減少して12.2億ドル、利益が2,360万ドル(前年度は7,130万ドルの損失)、既存店売上は5.6%減少した。現在267店舗のチェーンで、在庫レベル、マーチャンダイジングの改善、コスト削減で、今年は利益向上を予測。
ティファニー 13.0% 17.0% $981.4 $138.2
高級宝飾店の同社の業績改善は、富裕層の自信度回復を示している。通年では、売上が5%減少して27.1億ドル、利益は14.4%増加して2億6,570万ドル、既存店売上は8%減少した。ヨーロッパ、アジアでも好調。
トイザラス 3.3% 7.3% $5,857.0 $387.0
通年では、売上が1.1%減少して13.6億ドル、利益が43.1%増加して3億1,200万ドルと好調。粗利も34.6%から35.2%へ改善している。玩具の売上が良く、ビデオ・ゲームなどの娯楽カテゴリーが低迷。最近開店された”R”スーパーストア・フォーマットは好調な売上を上げている。
ウェット・シール -4.5% -2.0% $151.0 $71.3
通年では売上が5.4%減少して5億6,090万ドル、利益は209%増加して9,340万ドル、既存店売上は7.1%減少した。現在504カ所の店舗を展開、今年度の第1四半期は既存店売上で2%から4%の増加を予測。
ウィリアム・ソノマ 5.9% 8.1% $1,009.0 $88.4
通年では売上が4.3%減少して18.8億ドル、利益が158%増加して7,744万ドル、既存店売上は5.1%減少した。四半期の粗利は33.7%から41.4%に改善、今年度第一四半期の既存店売上も3%から6%の増加を予測。
単位:100万ドル