2月 22, 2010 フードサービス ホーム・インプルーブメント・センター 流通業 0

ホーム・センター業界第2位のロウズは、1月29日で終わった第4四半期の業績を発表した。売上は18%増加して102億ドル、既存店売上は1.6%減少、利益は26.5%増加して2億500万ドルとなった。通年では売上が2.1%減少して472億ドル、利益も18.8%減少して17.8億ドルとなっている。CEOのロバート・ニブロック氏は、「景気後退は終わったようだが、雇用不安などが残っており、まだ大型家電などの消費に影響がのこっている。しかしこれらにも回復の兆しは観られており、今後の購買増加に期待している。」と述べている。2010年度については、通年で40から45カ所の店舗開店、総売上の4%から6%の増加、既存店売上では1%−3%の増加を予測している。同社は現在アメリカとカナダで1,710カ所の店舗を展開している。明日は競合最大手のホーム・デポの業績が発表される。ロイター
ーーーーーーーーーー

仕入れ共同組合として金物・ホームセンター業界最大手となるエース・ハードウェアは、1月2日で終わった第4四半期及び通年の業績を発表した。四半期の売上は16.2%減少して8億30万ドル、利益は18.5%減少して1,240万ドルだった。通年では売上が10.4%減少して35億ドル、利益は11.5%増加して9,570万ドルとなった。約4,500の組合員の経営する店舗のユニフォーム化などを進めており、顧客に取って買い物し易いネイバーフッドのホームセンターを目指している。先日も、シアーズのPBとして知名度の高いクラフツマン・ブランドの工具を実験販売する事を発表しており、品揃えの充実に余念がない。JDパワーが調査したホーム・インプルーブメント・センター・チェーンの顧客満足調査で、3年間連続1位となっている。イリノイ州、シカゴに本拠を持ち、14カ所の国内の配送センター、海外では60カ国に会員店舗を展開している。
ーーーーーーーーーー

スーパーボウル直後の無料グランド・スラム・メニューで話題となった、ファミリー・レストラン・チェーンのデニーズは、今度はパンケーキととフレンチ・フライの食べ放題を始めた。アメリカ人の最も好むこの2つのメニューに食べ放題を取り入れる事で、来店客数増加を目指している。食べ放題は週7日毎日24時間提供され、別のアントレ−の注文と一緒に注文されたパンケーキとフレンチ・フライに適用される。販促期間は得に決められていない。この販促に加えて、誕生日に提供される無料のグランド・スラムや、ロヤリティー・プログラムなども用意されている。ビジネス・ワイア