2月 21, 2010 アパレル オフィス用品 スペシャリティー・ストア スポーティング・グッズ スーパーマーケット デパートメント・ストア フードサービス 流通業 0

景気回復に伴い、業績が上向いてきている企業が増えている。

小売チェーン 既存店 総売上 今期売上 損益
アバークロンビー&フィッチ -13.0% -5.0% $936.0 $47.5
国内の売上は−12%、国際部門は+89%で1億4290万ドル、通年の売上は16%減って29.3億ドル、利益は99.9%減少して30万ドルとなった。通年で国際店13カ所を含む24カ所を開店、ルール29カ所を含む53カ所を閉店している。2010年は国際部門の売上強化と国内の利益確保を行うと述べている。
ブルックストーン 9.4% 3.4% $227.7 $48.3
通年の売上は13.4%増加して4億3,030万ドル、利益は410万ドル(前年度は1億2,940万ドルの赤字)既存店売上は7.6%減少している。確かに、最近店舗に行くと買いやすい商品が増えている様にみえる。
ビルド・ア・ベア・ウォークショップ -9.9% -13.3% $121.2 ($0.9)
通年の売上は15.7%減って3億8,860万ドル、既存店売上は13.4%減少した。損失は1,250万ドル(前年度は460万ドルの黒字)となった。現在ヨーロッパに54カ所とアメリカに291カ所、計345カ所の店舗を展開している。
カベラス -0.5% 4.8% $921.0 $52.4
アウトドアのチェーン、売上の成長に比べ、コストと経費が高騰し利益を圧迫
JCペニー -4.5% -3.6% $5,550.0 $200.0
粗利は34.6%から39.4%に改善しており、2010年は明るい予測を発表している。リズ・クレイボーンの新しいライン、スペインのマンゴ・ブランド、セフォーラな化粧品などが好調。
オーライリー・オートモーティブ 3.1% 5.0% $1,170.0 $72.0
買収されたCSK店舗の既存店売上も増加しており、通年の売上は36%増加して48.5億ドル、利益も65%増加して3億700万ドルと好調。現在3,421カ所の店舗、20の配送センターを運営している。
オフィスマックス -6.7% -3.9% $1,810.5 ($2.0)
粗利は24.2%から24.4%へ改善、2010年には売上の成長を予測している。
ルース・ホスピタリティー・グループ -11.2% -9.9% $87.4 ($2.7)
ルース・クリス・ステーキハウスの既存店売上は−11.2%、ミッチェルズ・フィッシュ・マーケットの既存店売上は−2.5%、フードコストはデフレで1%下がって29.1%だったが、売上減少の為、固定経費率が0.7%あがって52.7%となり、販管費も上がって赤字
ホール・フーズ・マーケット 3.5% 7.0% $2,600.0 $49.7
前四半期から既存店売上もプラスに転じており、昨年からの価格戦略が成功している。PBなどのお値打ち創造と利益確保ができており、景気回復も追い風になっている。
ウィン・デキシー -2.9% -3.0% $2,180.0 $2.1
少ないながらも予想を上回った利益を確保。
単位:100万ドル