12月 31, 2009 Uncategorized 0

2008年9月のリーマン・ショック以降、アメリカだけではなく、世界的な経済に大きな影響を与えた景気後退も、2009年の終わりとともに、すこしずつその影響が薄らいで来ているような気がする。勿論パラダイム・チェンジは確実に起こっており、ニュー・ノーマルと表される状況に変わってきているが、これは単に景気だけの問題だけではなく、人々の価値観に変化が起こっていると思われる。地球の温暖化などに対する前向きな対応など、時間はかかるがすこしずつ進んできており、消費者だけではなく企業においても、取り組むべき課題として優先度を高めてきている。歴史は、何十年も経ってから振り返ってみないと、その節目が分からないものだが、2009年はそんな年の一つだったように思う。

2010年が皆様にとって、健康で幸せな年となりますようお祈り申し上げます。今年1年愛読して頂いた読者に、改めてお礼を申し上げます。ありがとうございました。