12月 28, 2009 アパレル オンライン・リーテイラー ショッピング・センター ジェネラル・マーチャンダイジング・ストア スペシャリティー・ストア スポーティング・グッズ ディスカウント・ストア デパートメント・ストア トイ・ストア 宝飾・チェーン 家電・電子機器チェーン 流通業 0

今年のホリデー商戦は、昨年度より微増したようである。マスターカードのスペンディング・パルス部門の調査によると、車とガソリンを除く小売額は、11月1日から12月24日迄で、前年度のより3.6%増加した。曜日の関係で、今年はこのホリデー商戦期間が1日長いため、その分を調整すると1%の増加となる。オンラインの売上の増加が著しく15.5%の増加となっているが、全体の売上に占める割合は未だ10%以下である。近年ギフト・カードの売上増加によって、重要な商戦になってきている、アフター・クリスマス商戦となる、今月の終わりと1月は、ウォール・ストリート・ジャーナル紙によると、今年のギフト・カードの売上が前年度より増加しているという予測を元に、好調な売上を上げるとリポートされている。アソシエーテッド・プレスによると、逆にギフト・カードの売上はあまり伸びていないとリポートされている。ギフト・カードの売上は、商品の購入に使われて、初めて売上とされるため、未だ未知数というところである。昨年のアフター・クリスマス商戦の売上は、調査会社のショッパートラックによると、ホリデー商戦全体の15%を占めており、重要な要素である。ショッピング・センター開発運営会社のトウブマン社広報のカレン・マクドナルド氏によると、運営下のショッピング・センターの売上は前年度より微増しており、特に先週末の売上は好調だったそうである。アフター・クリスマスとなる先週末には、訪問客の85%が購入、10%が交換、5%が返品に訪れたとリポートされている。ギフト・カードの使用率は10%ほどで、好景気だった年の30%−40%に比べるとかなり低く、ギフト・カードの売上が伸びなかった事を示唆しているとも述べている。最終結果は、1月の売上状況を待たなければならないようである。表はAP提供の、チャンネル別売上の前年度比増減。