12月 22, 2009 流通業 経済 0

商務省経済分析局によると、アメリカの第3四半期の国内総生産(GDP)は、推定値、+3.8%、調整値+2.8%から、3度目の推定で+2.2%に調整された。第二四半期のGDは−0.7%とリポートされている。増加要因は、個人消費、輸出、民間の設備投資、連邦政府支出、住宅で、逆に商業設備投資が減少しており、輸入も増加している。