12月 21, 2009 アパレル オンライン・リーテイラー 宝飾・チェーン 家電・電子機器チェーン 流通業 0

マスターカードの調査部門であるスペンディングパルスによると、11月1日から12月12日までで、消費者は前年度対比で13%多くオンラインで購買したそうである。他は、紳士アパレルが1.1%が増加、家電は11月は増加したが、12月に入って伸び悩んでおり、全体では+4.4%となっている。女性のアパレルは減少して−3.0%、宝飾は0.7%微増している。ギャップ、アメリカン・イーグル・アウトフィッターズなどのスペシャルティ・アパレルは全体で−3.2%となっている。女性のアパレルの不調は、不景気と共に、北東部の降雪が影響していると思われる。ロサンゼルス・タイムズ

ホリデー商戦もあと3日ほどで一段落して、その後は、返品とアフター・クリスマス・セールが始まる。

*明日から2日ほどファミリー・バケーションで、すこし辺鄙なところへ出かけますので、更新が出来ないかもしれません。ご了承ください。