12月 6, 2009 アパレル オフィス用品 オンライン・リーテイラー クラフト・ショップ シュー・ストア スペシャリティー・ストア ダラー・ストア.チェーン ブック・ストア 宝飾・チェーン 流通業 0

ロイターによると、アマゾン・ドット・コムは、ロンドンの主要商店街に店舗を開店すると報道された。その後同社はその報道を否定する声明を発表している。サンデー・タイムス紙は、アマゾンが、サイト・ツー・ストアによるサービスを提供するために店舗を開店すると報道していた。このサービスによって、宅配を待てない顧客へのサービスを高めようというものである。店舗の存在で州税が課税されるアメリカと違い、他の国では課税されるので、店舗を持つ障害の少なくともひとつは無いといえる。ウォルマートに対抗するためにも、サイト・ツー・ストアは有効な戦略と考えられる。店舗ではなく引き取り所でも良いのではないかと思う。
ーーーーーーーーーー

小売チェーン 既存店 総売上 今期売上 損益
エアロポスタル 10.0% 18.0% $567.9 $62.6
ティーン・アパレルで成長しているチェーン、来年度は設備投資を40%増やして7千万ドルを予定、25カ所のエアロポスタル、25から30カ所のPSフロム・エアロポスタルを開店、40カ所を改装予定
アメリカン・イーグル・アウトフィッターズ -4.0% -1.0% $749.0 $59.2
減収増益だが、既存店売上減少が下止まりで、ホリデー商戦は在庫増強している
ビッグ・ロッツ -0.2% 1.3% $1,035.3 $30.3
増収だが在庫は4%減少して増益、今年度52カ所店舗を開店、30カ所を閉店、全体で1,361カ所のチェーンとなっている
ボーダーズ -12.1% -12.7% $595.5 ($39.0)
現在361カ所ある傘下のワールデンブックスを200カ所ほど閉鎖すると発表、利益率の高いモールの小型店だけにする
クレアズ・ストア -0.3% -2.6% $324.4 $2.9
粗利が2.5%向上して51.2%、今期は利益を上げている、国内2、954カ所、日本で215カ所、中東で192カ所展開
コールドウォーター・クリーク 14.4% 17.0% $266.7 ($34.0)
販促の結果粗利は36.4%にさがっており損失を出している、この中年女性セクターは業界全体に弱い
ダラー・ツリー 6.5% 12.0% $1,250.0 $68.2
好調なディスカウント・チェーン、全米で3,803カ所の店舗を展開、5ドル以下の商品を販売するディール$も156カ所展開
DSW 8.7% 13.6% $444.6 $26.6
ブランドの靴のチェーンで、39州で306カ所を展開、スタイン・マートなど356カ所の他の店舗でも売場を運営
ファミリー・ダラー 2.4% 3.9% $1,823.0 NA
6,665カ所のダラー・チェーン、今期は43カ所の新店を開店
ゲス? -3.4% -1.0% $522.8 $64.1
全体の約半分の売上を上げる北米では、1.9%の増収、現在433カ所の店舗をアメリカとカナダで展開
J・クルー 8.0% 14.0% $414.1 $43.9
好調な業績で、本体に加えて、アップスケール・ジーンズのメードウェル、ヤングのクルーカッツのチェーンも展開
ジョーアン・ストアズ 4.3% 6.0% $509.1 $24.1
中心となる生地とクラフト商品が好調、粗利も2%向上して51.0%となっている、大型店への改装も進めている
ジョス・ア・バンク 3.3% 8.1% $161.3 $11.7
不況下でも好調な業績をあげている、アップスケールな474カ所のメンズ・アパレル・チェーン
マイケルズ 1.3% 2.5% $929.0 ($15.0)
粗利も1.8%向上して37.3%、客数は4.7%増加しているが、単価が落ちている
ステープルズ NA -6.2% $6,520.0 $269.4
事務用品チェーン最大手、競合他社より好調な業績を維持、粗利も26.8%から27.1%へ向上
アルタ 1.5% 11.5% $284.0 $8.5
ポピュラー・プライスな化粧品チェーン、38州で345カ所店舗を展開しており、堅調な業績
ゼールス -6.8% -9.6% $329.0 ($57.6)
1247カ所(+684カ所のキオスク)の店舗の宝飾チェーン、粗利は48.6%と0.1%微増、昨年から209カ所の店舗を閉鎖している
単位は100万ドル