11月 24, 2009 アパレル オフィス用品 オンライン・リーテイラー シュー・ストア ショッピング・センター ジェネラル・マーチャンダイジング・ストア スペシャリティー・ストア スポーティング・グッズ スーパーセンター スーパーマーケット ダラー・ストア.チェーン ディスカウント・ストア デパートメント・ストア トイ・ストア ドラッグ・ストア ファーニチャー・ストア ブック・ストア ペット・ストア ホーム・インプルーブメント・センター ホーム・ファーニッシング 会員制倉庫型店 宝飾・チェーン 家電・電子機器チェーン 流通業 経済 0

感謝祭まであと二日となり、各小売業はブラック・フライデーのセールの準備に余念がない。目玉になるバーゲン商品の価格は各社秘密としているが、すこしずつ漏れ始めている。全米小売業協会(NRF)に委託されビッグリサーチが行った調査によると、今年のブラック・フライデーは1億3,400万人ほどの人達が金曜日から日曜日にかけて買い物をするそうである。昨年は1億2,800万だったそうだから、4.7%の増加となる。うち5,700万人ほど(42.5%)の人達は、必ず店舗に買い物に行き、7,700万人ほど(57.5%)の人達は、小売業の用意する品物が分かってから出かけるそうである。買い物の場所の調査では、ディスカウント・ストアと百貨店が一番多く人を集めるようで、それぞれ、66.3%と62.4%の人達はこれらの店舗へ行く予定であると答えている。41.0%の人達は、家電/電子機器の店舗、36.3%の人達はアパレルとアクセサリーの店舗、28.8%の人達は食品店へ行くと答えている。オンラインも27.6%の人達は買い物をすると答えている。買い物の日時では、金曜の午前12時から3時までの早朝に行くと答えた人が10.3%、午前4時から6時までの早起きスペシャル(アーリーバード・スペシャル)を目当ての人達が28.8%、午前7時から9時が28.2%だそうである。どの店舗に行くかを決める要因となるのは、クーポンが40.6%、新聞のチラシ広告が38.2%、テレビの宣伝が27.8%、口コミが26.5%だが、43.2%の人達は、購入予定商品によって店舗を選ぶようである。一方小売業側も、ウェブによる販促を増やしており、39.1%の小売業はオンラインでのブラック・フライデーの宣伝を増やしており、58.7%の小売業はインターネットを集客の道具に使っている。78.0%の小売業は電子メールで顧客にブラック・フライデーの販促を知らせ、54.0%の小売業は、ホーム・ページに特別な宣伝を掲載する。
ーーーーーーーーーー

10月末に経済分析局によって発表された、第3四半期のGDP推定値の3.5%は、2.8%に下方修正された。理由は、輸入が予想以上に増加し、個人消費の伸びが小さく、住宅以外の設備投資が少なかったことである。輸出は予測より伸び、多少下方修正を減少させた。
ーーーーーーーーーー
コンフェレンス・ボードの発表によると、アメリカの消費者の自信度(コンフィデンス・インデックス)は、11月に49.5(1985=100)と10月の48.7から多少上がった。現在の指標は前月の21.1から21.0でほぼ変わらず、予測指標は67.0から68.5へ上がった。この結果は、調査会社のTNSがコンフェレンス・ボードの依頼で行った5,000世帯のサンプル調査を基にしている