10月 27, 2008 Uncategorized ディスカウント・ストア 流通業 0

ロイターズによると、ウォルマートは2010年度の新規開店の店舗数を142カ所ー157カ所にすると発表した。2008年度は218カ所、2009年度は191カ所開店している。全体の設備投資額は56億ドルから64億ドルとなり、昨年度の91億ドルから減らされる。2010年度は63億ドルから68億ドルになる見込み。最近の傾向としては、世帯収入65,000ドル以上の顧客が増えており、全体でトレード・ダウンが起こっていることを示唆している。

ーーーーーーーーーー

オハイオ州、コロンバスに本拠をもち、主に東南部に店舗展開しているディスカウント・ストアの「バリュー・シティー」は、会社更生法を申請した。つい最近まで66カ所の店舗を運営していたが、既に29カ所では閉店セールをおこなっており、残りの37カ所の店舗も清算会社のタイガー・キャピタル・グループによって閉店セールが行われることになる。ワシントン・ビズジャーナルズ