7月 31, 2009 Uncategorized スーパーセンター ディスカウント・ストア 流通業 経済 0

ウォルマートは、新型インフルエンザの予防注射を店舗で提供するかもしれない。今週の水曜日に、CDC(疫病対策センター)の担当者が、ウォルマートのベントンビルの本社を訪れ、その会議が持たれたと発表されている。この予防注射は、4月から流行し始めたH1N1インフルエンザに対するもので、10月半ばまでに1億6千万人分用意される予定である。ウォルマートの4,000カ所以上の店舗を訪れる顧客は、毎週1億4千万人と云われ、同店での予防注射は効率が高いと思われる。実際の接種は、別の会社に委託される予定である。フォックス・ニュース

現在連邦政府ですすめられている健康保険制度改革の一部である、雇用者への社員の健康保険加入義務付けにも早々と賛同している同社は、アメリカの医療制度のなかで重要な役割を持ち始めている。労働組合よりの民主党に対してのヘッジとも観られるが、その規模の面で、ウォルマートの影響力がますます大きくなっていることも事実である。
ーーーーーーーーーー
先日リポートした、古い車のリサイクリング・プログラムは人気が高く、最初の予算だった10億ドルが一週間でほとんど無くなったそうである。今日下院で、追加の20億ドルの予算が可決されており、来週上院で可決されれば、オバマ大統領も署名する模様である。WSJ
ーーーーーーーーーー
経済分析局の発表によると、2009年、4月−6月の推定GDP(国内総生産額)は、前期から年率で1%減少した。同時に第1四半期の確定GDPはー6.4%に下方修正された。主な改善要因は、住宅以外の設備投資、輸出、民間投資などの減少幅が少なく、連邦政府、州政府、地方自治体などの支出増加、住宅投資の減少鈍化などで、逆に輸入の減少鈍化と個人消費の減少がGDP悪化要因である。