7月 22, 2009 オンライン・リーテイラー デパートメント・ストア ドラッグ・ストア 流通業 0

アップスケールな百貨店チェーンのノードストロムは、ニューヨークのマンハッタンに初めての店舗を開店すると発表している。32,136平方フィートの広さを持つノードストロム・ラック店で、プライス・ポイントの低い棚卸し店である。場所は14丁目のブロードウェー通りと4番街の間で、ユニオン・スクウェアの南側である。開店予定は2010年春で、ホール・フーズ・マーケットやトレーダー・ジョーズなどもある、最近賑わっている地域である。マンハッタンには初めての出店となるが、ニューヨーク、ニュージャージー、コネチカットの3州にまたがるニューヨーク・メトロポリタン地域には、8箇所のノードストロムと3箇所のノードストロム・ラック店が展開されている。先日はJCペニーのマンハッタン開店も発表されており、これまで高級店と、センチュリー21,コンウェー、ダッフィーズ、シムズなど、地元とリージョナルのバーゲン店が多かったマンハッタン地域にも、ナショナル・チェーンが増えてきている。
ーーーーーーーーーー
カナダのドラッグ・ストア・チェーン大手のショッパーズ・ドラッグ・マートは、6月20日で終わった第2四半期の業績を発表した。売上は8.5%増加して22億8,900万ドル(カナダ・ドル)、当期利益も7.5%増加して1億3,600万ドル、タバコ類を除く既存店売上も5.7%増加した。調剤の既存店売上は5.6%増加、フロント・エンドの既存店類上げは5.8%増加した。同社の売上ミックスは、調剤が48.5%を占めており、昨年度より0.6%増えている。同社は、現在1,159箇所のショッパーズ・ドラッグ・マートとファーマプリックス店、32箇所のショッパーズ・シンプリー・ファーマシー(ケベック州ではファーマプリックス・シンプルメント・サンティ)と呼ばれるメディカル・クリニック・ファーマシー店、2箇所の高級化粧品店であるミューラル、66箇所のショッパーズ・ホーム・ヘルス・ケア店なども展開している。
ーーーーーーーーーー
オンライン・リーテイラーのアマゾン・ドット・コムは、同じオンライン・リーテイラーで靴を中心に販売しているザッポス・ドット・コムを買収すると発表した。買収には、同社の株式1千万株が使われ、過去45日間の株価平均換算で、約8億ドル700万ドルとなる。加えて約4千万ドルの現金と売買に制限のあるアマゾンの株式が、ザッポスの社員に提供される。顧客サービスに定評のあるザッポスは、両社にとって良い機会であると、アマゾンのCEO、ジェフ・ベゾス氏は述べている。買収後も、ザッポスはネバダ州、ラスベガスの本拠で、独立経営される予定である。