6月 25, 2009 アパレル ドラッグ・ストア フードサービス 家電・電子機器チェーン 流通業 0

アパレル・チェーンのドレス・バーンは、トウィーン・ブランド社と合併し、908店舗のジャスティス・ストアをその店舗網に加え、全米で2,454箇所、総売上24億ドルの店舗チェーンとなる。この合併は株式交換で行われ、トウィーン・ブランドの展開しているジャスティス・チェーンはドレス・バーンの子会社のチェーンとして運営されることになる。買収総額は1億5,700万ドルほどになるとみられ、これはトウィーン・ブランドの時価の20%増になる。ドレス・バーンは、キャリアとカジュアル・ファッションのチェーンで、841箇所のドレス・バーン、2005年に買収された716箇所のモウリシスを展開している。トウィーン・ブランドは、7歳から14歳の女の子のファッションに特化した、ジャスティスとリミテッド・ツーの店舗を908箇所展開している。このチェーンは、1987年に元リミテッド社の子供チェーンとして開発されたが、その後独立した企業となっていた。
ーーーーーーーーーー
家電チェーン最大手のベスト・バイは、今年度40箇所の携帯販売専門店を開店すると発表した。同社は、現在の携帯販売のシェアである3%を5倍に出来ると確信しており、新しいチェーンはその為の一環である。先週発売されたアップル社の新アイフォーンは、週末の3日間だけで100万台以上を販売したそうで、所謂スマート・フォーンの需要は今後も堅調と観られている。ベスト・バイのヨーロッパの共同事業、カーフォーン・ウェアハウスは、市場の11%を獲得している。WSJ

ーーーーーーーーーー
ドラッグ・ストア・チェーンのCVSは、電子ギフト・カードを販売している。これは、オンラインで購入できるギフト・カードで、色やデザイン、カード上に書かれるメッセージなどを選ぶ事ができ、額を決めたあと、贈る相手に日時を指定して電子メールで送ることができる。受け取った側は、そのメールをプリントし、6,900箇所以上あるCVS又はロングスの店舗にある、調剤を含む商品全てを購入することが出きる。このサービスによって、購入者はオンラインで事前にギフトを贈る計画がたてられ、来店などの必要がなく時間の節約ができる。

ーーーーーーーーーー
レストランの予約サービスをオンラインで行っているオープンテーブル社は、2009年のダイナーズ・チョイス賞をえた50のレストランを発表した。これは同社のサイトに寄せられた、全米50州とコロンビア特別区にある9,000以上のレストランへの、顧客による250万のリビューを基に選ばれている。50箇所のリストの中で、東海岸に多いキャピタル・グリル・レストランは、違う地域の9箇所が選ばれている。